カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 特別検察官が13名のロシア人をロシアゲート絡みで起訴するが、説得力はない | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(1/5) »

2018年3月30日 (金)

無責任極まりない「暗愚の宰相」安倍晋三首相の「自民党総裁」として事実上、最後の党大会が東京都内のホテルで開かれた

無責任極まりない「暗愚の宰相」安倍晋三首相の「自民党総裁」
として事実上、最後の党大会が東京都内のホテルで開かれた
 
〔特別情報1〕
 「暗愚の宰相」安倍晋三首相の「自民党総裁」として事実上、最後の党大会が
3月25日午前、東京都内のホテルで開かれた。しかし、日本国憲法により
「行政各部を指揮監督する」と定められた最高位にあるにもかかわらず、
安倍晋三首相は、「森友学園」への国有財産格安払い下げをめぐり財務省理財局が
犯した決裁公文書改竄事件の全責任が問われているにも関わらず、「陳謝。
全容解明と再発防止に全力を挙げる考え」を示すのみで、「責任を取って辞意を表明」
することもなく、財務省理財局に責任を押し付ける「誠に卑怯な態度」を取っていた。
持論の憲法改正については、祖父・岸信介元首相が、自民党結党以来の党是、
悲願としていた「自主憲法制定」とは程遠い「憲法第9条」に「自衛隊」を明記する
だけのおざなりの改正案を示して、お茶を濁した。これでは、「自衛隊」を憲法上、
固定化するのみで、「帝国陸海軍復活」「自主独立」を願う陸海空自衛隊員の本意
には添えない。また、安倍晋三首相は、河野太郎外相が訪米した際、北朝鮮による
日本人拉致問題の解決を南北・米朝首脳会談の追加条件にするよう米国してものの、
断られてしまい、対北朝鮮外交が失敗したことに一言も触れなかった。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
今や誰も安倍を信用していません。犯罪を犯しても自覚がないのです。最後は逮捕しかありません。                            以上

 

« 特別検察官が13名のロシア人をロシアゲート絡みで起訴するが、説得力はない | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(1/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別検察官が13名のロシア人をロシアゲート絡みで起訴するが、説得力はない | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(1/5) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ