カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「亡国・売国・滅国・廃国・狂国」状態をもたらした「国難の首相:安倍晋三」が日本を壊国しつつある「最悪の危機的状況」,この男を放置する自民党・公明党の無責任 | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(2/5) »

2018年3月31日 (土)

人民元建ての原油先物取引が米国の支配システムを支える柱のひとつペトロダラーを揺るがす可能性

 

      
        カテゴリ:カテゴリ未分類    
            
    ​

 ​上海国際エネルギー取引センターで3月26日から中東産原油の人民元建て先物取引が始まった​。言うまでもなく、欧米市場主導で原油の国際価格が決まる現状に対抗する取引所がオープンしたというだけの話ではない。アメリカの支配システムを支えている柱のひとつ、ペトロダラーの仕組みに少なからぬ影響を及ぼす可能性があることから注目されてきたのである。

 すでに中国とロシアは石油や天然ガスの取り引きを推進しているが、ドルで決済はしていない。ベースは金。人民元も金で価値を担保している。世界的にドル離れが始まる中、今回の原油先物取引がそうした流れを加速させることをアメリカの支配層は警戒しているはずだ。ドナルド・トランプ米大統領が3月8日に鉄鋼とアルミニウムへ輸入関税を課すことを命じる文書に、また22日に中国からの輸入に関税を課す大統領令に署名しているが、これらが原油の人民元建て先物取引の開始と無縁だとは言えない。

​    
以上は「櫻井ジャーナル」より
ドルの其軸通貨が不安定になるでしょう。                以上
   

« 「亡国・売国・滅国・廃国・狂国」状態をもたらした「国難の首相:安倍晋三」が日本を壊国しつつある「最悪の危機的状況」,この男を放置する自民党・公明党の無責任 | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(2/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「亡国・売国・滅国・廃国・狂国」状態をもたらした「国難の首相:安倍晋三」が日本を壊国しつつある「最悪の危機的状況」,この男を放置する自民党・公明党の無責任 | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(2/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ