カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカ支配層の内紛(その7:私的な情報機関) | トップページ | 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その1:ウォール街の利権) »

2018年3月 5日 (月)

東京三菱UFJ銀行が中国でパンダ債を発行

東京三菱UFJ銀行が中国でパンダ債を発行

 

パンダ
巨大化しつつあるパンダ債

中国で東京三菱UFJ銀行が中国銀行を通じてパンダ債を発行し、中国市場で資金を調達することなった。

パンダ債とは中国で発行される人民元建ての債券で、2017年12月末に日中政府間でパンダ債発行の合意がなされていた。

東京三菱UFJ銀行は約170億円のパンダ債を発行する予定だが、みずほ銀行も約86億円のパンダ債を発行することが決まっている。

米国に次ぐ経済大国となった中国の巨額資金による日本企業の買収が相次いでいるが、メガバンクまでもが中国資本を頼る時代だ。

日本政府も中国主導のAIIBへの参加を検討し始めたと報道されており、中国資本との提携がますます本格化しそうである。
以上は「文殊菩薩」より
これが世界の趨勢です。           以上

« アメリカ支配層の内紛(その7:私的な情報機関) | トップページ | 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その1:ウォール街の利権) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京三菱UFJ銀行が中国でパンダ債を発行:

« アメリカ支配層の内紛(その7:私的な情報機関) | トップページ | 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その1:ウォール街の利権) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ