カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« <大阪地検特捜部捜査!>森友文書“改ざん”財務省が国交省にも依頼 <安倍首相、昭恵案件隠しで大墓穴か?!> | トップページ | 板垣 英憲氏「米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士はイルミナティ13家を3分裂させて殺し合いをさせているという」/藤原直哉氏「トランプが戦争屋を脅している」 »

2018年3月22日 (木)

10年後には中国が米国をぬいてGDP世界一

10年後には中国が米国をぬいてGDP世界一 

中国は小売販売額で米国に並ぶ


10年後には中国が米国をぬいてGDP世界一 

 
グラフ
2018年中国は小売販売額で米国に並ぶ

ワれば、中国の2018年小売消費額は米国を追い越して世界一となると予測されている。

みずほ銀行のレポートによれば、中国の2018年度の小売販売額は5.8億ドルに達する見込みで米国を追い越す勢いだという。

中国人の平均収入も10年前と比べて四倍近くとなっており、それに伴い消費額も10年で四倍と急速に成長している。

中国では乗用車・スマホ・ブランド服・化粧品などの消費が旺盛で、10年後にはGDPにおいても米国を追い抜くと予想されている。

中国製品の品質も一昔前の安かろう悪かろうから脱却し、電気製品や自動車などでは先進諸国並みの品質に近づいてきている。

また消費者の目も肥えてきたため偽物や粗悪品が淘汰されて、本物や高品質なものがネットや口コミで売り上げを伸ばすようになった。

中国で感じるのは消費税がないことによる購買の爽快さで、日本の高い消費税で買い物のたび損した気分になるのとは対照的だ。

ワシントンポスト紙によれば、中国の2018年小売消費額は米国を追い越して世界一となると予測されている。

みずほ銀行のレポートによれば、中国の2018年度の小売販売額は5.8億ドルに達する見込みで米国を追い越す勢いだという。

中国人の平均収入も10年前と比べて四倍近くとなっており、それに伴い消費額も10年で四倍と急速に成長している。

中国では乗用車・スマホ・ブランド服・化粧品などの消費が旺盛で、10年後にはGDPにおいても米国を追い抜くと予想されている。

中国製品の品質も一昔前の安かろう悪かろうから脱却し、電気製品や自動車などでは先進諸国並みの品質に近づいてきている。

また消費者の目も肥えてきたため偽物や粗悪品が淘汰されて、本物や高品質なものがネットや口コミで売り上げを伸ばすようになった。

中国で感じるのは消費税がないことによる購買の爽快さで、日本の高い消費税で買い物のたび損した気分になるのとは対照的だ。
以上は「文殊菩薩」より
これが世界の現実です。以上

« <大阪地検特捜部捜査!>森友文書“改ざん”財務省が国交省にも依頼 <安倍首相、昭恵案件隠しで大墓穴か?!> | トップページ | 板垣 英憲氏「米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士はイルミナティ13家を3分裂させて殺し合いをさせているという」/藤原直哉氏「トランプが戦争屋を脅している」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年後には中国が米国をぬいてGDP世界一:

« <大阪地検特捜部捜査!>森友文書“改ざん”財務省が国交省にも依頼 <安倍首相、昭恵案件隠しで大墓穴か?!> | トップページ | 板垣 英憲氏「米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士はイルミナティ13家を3分裂させて殺し合いをさせているという」/藤原直哉氏「トランプが戦争屋を脅している」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ