カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その2:シリアのクーデター) | トップページ | 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(1/4) »

2018年3月 6日 (火)

「仮想通貨」に精通の吉備太秦は、「コインチェック」事件の背景を解説し「2018年10月、ド本命が設立される」と予告!!

「仮想通貨」に精通の吉備太秦は、「コインチェック」
事件の背景を解説し「2018年10月、ド本命が設立される」と予告!!
 
◆〔特別情報1〕
 「大手仮想通貨取引所のコインチェック(東京都渋谷区)は26日、
外部から不正なアクセスを受け、顧客から預かっていた仮想通貨
『EM(ネム)』約580億円分が流出したと発表した。原因や影響人数に
ついては調査中という。同日夜に記者会見した和田晃一良社長(27)は
『弊社サービスで機能が停止し、お騒がせしていますことを深くおわびします』
と謝罪した。顧客への補償は『検討中』と述べるにとどめた」
580億円分の仮想通貨流出 社長謝罪」(真海喬生、河合達郎)という
見出しをつけて報じた。
 「仮想通貨」に精通の吉備太秦は、今回の「コインチェック」事件の
背景について、以下のように解説し、「2018年10月に最終的な日本の
ド本命の取引所が設立される」と予告している。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
一般社会に信頼される銀行などが発行するビットコインになるでしょう。以上

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その2:シリアのクーデター) | トップページ | 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(1/4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その2:シリアのクーデター) | トップページ | 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(1/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ