カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米軍の無人機グローバルホークを中国が撃墜 | トップページ | ビットコインで借金地獄へ、素人は絶対「FX」に手を出すな(2/3) »

2018年3月21日 (水)

フルフォードレポート(1/30):引かれた東西のラインは、戦争を作る代わりに、愛を作れるだろうか?

フルフォードレポート(1/30)
引かれた東西のラインは、戦争を作る代わりに、愛を作れるだろうか?


世界中で起こっていることに基づくと、今後数ヶ月数年は、戦争より世界政府を見る可能性が高い。先ず第一に、中国国家主席集金平がスターとして登場して1年後の今年、世界の主導者達が米大統領ドナルド・トランプの最高の魅力に引き寄せられてダボスに集まった。面白いことに、今年の西側が支配するダボス会議のテーマ「崩壊した世界で共有する未来の創造」は、中国のテーマ「人類の未来を共有するコミュニティの構築」と非常に似ていることである。

もちろん、中国も米国も、この共有する未来を誰が担当するのかについて、まだ公表していない。

国防総省情報筋は今週、トランプと彼のダボスにおける行動についてトップは喋りたくっている。注意、「トランプはアメリカへの投資と仕事の創出を約束したEUの国籍企業の世界的なCEO達を使って、ダボスを驚かせた。徒党は敗北して、これ以上偽旗や第三次世界大戦を始めることができないので、ダボスはトランプが世界秩序を確立して、世界通貨のリセットを立ち上げる可能性がある。

しかし、さらなる警鐘は、米国大統領が米国神皇帝に昇格したトランプの背後に軍が結集したので、アラスカ沖の徒党の水中基地が核攻撃されたという国防総省情報筋の推定である。

中国は新華社通信を通じて、トランプ大統領について次のように述べている。「米国は戦いに有利なうちはルールに従うことを約束するボクサーのようであるが、負けだすとルールを変更すべきと主張する」

http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/28/c_136931719.htm

トランプ下の米軍事政権は先週、民主党政治家の「即時逮捕」を仄めかすことで、「72時間以内に米国政府の機能停止を終わらせることに陥ったので、それ自体の時間を稼ぐことができたと、国防総省情報筋は述べた。

上海沖のイラン石油タンカーの沈没はまた、米国の石油ドル体制代わりに金担保石油元体制の開始を延期させた。しかし、ことは進むに連れて、依然として破産している今の米政権は2月8日まで時間を買えているだけである。

世界市場の最大の負債国であるアメリカ合衆国は維持ができず、生き残るためには世界システムの完全な再起動が必要であることは明白である。中国側は、現行システムの最大の受益者であり、今までのように引き続き進化することを希望している。

この状況についてなすべきことは、今週の1月31日にスーパー・ブルームーンに行われる白龍会と現状のシステムを支配する13血統家族の代表とのトップ会談の議題となるだろう。

白龍会は、正当な祈念日、つまり最初の段階として、世界中の公的私的債務の一時払い戻しをすよう提案していると、この話し合いに出席予定の白龍会メンバーは言っている。中国の一兆ドルの一帯一路インフラ主導と西側軍産複合体をいかに調和させる方法についても話し合う。中国が一帯一路計画の安全保障の担当として米軍産複合体の請負業者に既に支払いを行っている事実は、2つの巨大権力間に、現実の戦いより調和があることを示している。今年、米軍がハワイで行うリムパック海上訓練に中国の参加を招聘している事実は、実務レベルでは既に良好な関係であることを示している。結局、白龍会は「戦争ではなく愛を作る」戦略を推進することになる。

いずれにしても、P2フリーメーソン(混乱の秩序)ロッジとその下請けに代表される旧秩序は、2016年をカレンダーで定められた祈年にするという約束に失敗した。その結果、それ以来起こったことは西側の超富裕層によるかってないお金の回収が始まった。

https://www.zerohedge.com/news/2018-01-19/it-time-retire-word-capitalism

結果は西洋文明が危険な不安定になっている。明らかに彼らは外れてもらう必要がある。

米軍ホワイトハットはそうなるように支援しており、「嵐は世界中で90,000人の小児性愛者の逮捕で始まり、45,000人の逮捕状が保留中であり、未公開起訴が14,000件に近づいている」と述べている。

さらに、トランプは、ダボスでメイヤー首相とこの会談の前に、MI6とGCHQ(英国諜報機関)に、バラク・オバマとヒラリークリントンの犯罪確証情報を手渡させたと、国防総省情報筋は言う。

王立カナダ軍警察はまた、カナダの医薬品億万長者バリーシャーマンとその妻ハニ-が殺人により死亡したことを公式に認めた。彼らのコンピュータを押収し、容疑者を見つけ出すために資金の追跡を始めるだろう。

https://www.theguardian.com/world/2018/jan/26/billionaires-barry-and-honey-sherman-were-murdered-canada-police-say

CIAの我々の情報源は、この追跡が、シャーマンの安価なジェネリック医薬品を赤十字に販売することで、様々な作戦の為に帳簿外の資金を調達しているクリントン財団とハイチにつながっていると確信している。

ハイチの赤十字資金のビデオが証拠として我々に送られてきた。ビデオは以下のコメントが付いている。「そのビデオには誰も人間が登場しない事に注意。そのことは私には、何もないということ以上の方法を知っている何者かによって記録されたことを意味している。誰か/政府は多額の現金注入をしようとしている。この場合、潜在的には何十億ドルの可能性がある」情報源は、「これは帳簿外資金であることは間違いがない。我々はまた、スイス・ジュネーブの国際赤十字委員会は常にハザールマフィアの前線であることを知っている。世界中で、もちろん中立国スイス(ロスチャイルドとその幹部代理人の現在の隠れ家である)から帳簿外資金を動かす完璧な方法である。

https://benjaminfulford.net/video/HaitiCash.mp4

前にも言ったように、ハイチの地震とその後の追跡は、福島とP2フリーメーソン・ロッジのみならず、スイスのロスチャイルドに繋がる。

徒党はまた、ラスベガスのトランプに対する最近の殺人の企てに対して激しい攻撃を受けている。最新の死傷者は、共和党全国委員会の財務部長の辞任を余儀なくされたカジノ大物スティーブ・ワイン(別名ワインバーグ)である。
公式には彼は重大な性的暴行を暴露され、賭博免許を失い、仲間のジュー・ハーベイ・ワインスタインと同様に、上場企業ウィン・リゾートとその役員から解雇される危険性があるので辞任したと、国防総省情報源は言う。

米軍諜報機関はワインとロスチャイルド・サクセ・ゴーダ家族のドイツ文化のマカオ前線によって繋がる道をたどって来た。言い換えれば、これは墜落したマレーシア航空307と17便と、西側統合メディアにおける目下の反ロシアヒステリックキャンパーンに繋がって行くと、白龍会情報源は言う。

https://www.veteranstoday.com/2018/01/26/blockbuster-dutch-agencies-provide-crucial-intel-about-russias-interference-in-us-elections/

また、徒党は彼らの巧妙な金融システムが崩壊に向かっていることは明らかに気付いており、従っていつもの金塊のように多くの不正が行われている。アジアの王室に近い情報源は、日本政府は日本の長野県の寺院の駐車場の下に保管されているドラゴン・ファミリの金塊を洗浄する為に、鉱山会社を探していると語った。

ブーゲンビリアの巨大な金鉱床について、フランス・ロスチャイルド、ロシアと米軍が地政学的に重要な金塊に対して影響力を求めていることに多くの興味が集まっている。白龍会はその金塊はブーゲンビリアの人々と同様にこの惑星の貧困の人々が利益を得られるよう使われるべきであると思っている。

最後に、先週ジョージ・ソロスについて報道すると主張する統合メディアにおいて突風的に記事が現れた。記事は彼がダボスで演説したと主張している、今一度言うと、報道すると主張するように彼がダボスの公開フォーラムで話していれば、多くのニュース媒体がこの場面を独自に発行したはずである。これは起こっていない、我々の情報源がジョージソロスはすでに活動しておらず、この地球上にもはや存在しないと言い続けている。

現在のところ、ビデオ技術は多くの情報機関の不正な管理者が、ヒラリークリントンやステファン・ホーキング等のような人々を見せつけようとする偽のビデオを放出することを許している。以下のこの技術が進歩しているかを理解するために、下の数秒数分のビデオをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=58&v=ohmajJTcpNk


ある意味では、グノーシス・イルミナティが真の敵は人工頭脳である言うのは正しいかも知れない。今のところ、私達が入手する情報の大半は金融システムと同様に、複数の自立的知能の兆候を示しているコンピュータネットワークに基づいています。それが、最初の創造に生きている我々アナログ人間にとって実際に直接経験する物事に我々の全面的信頼を置くことは非常に重要である理由です。

(転載終了)

関連記事

« 米軍の無人機グローバルホークを中国が撃墜 | トップページ | ビットコインで借金地獄へ、素人は絶対「FX」に手を出すな(2/3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米軍の無人機グローバルホークを中国が撃墜 | トップページ | ビットコインで借金地獄へ、素人は絶対「FX」に手を出すな(2/3) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ