カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 警報鳴りやまず、これが福島(日本)の現状だ! | トップページ | 人類は狂ったワシントンを切り抜けて生き残れるだろうか? »

2018年4月24日 (火)

パプア地震、原因は石油・ガス採掘では…住民に疑念 死者100人超

パプア地震、原因は石油・ガス採掘では…住民に疑念 死者100人超

 

ライブドアニュースより
http://news.livedoor.com/article/detail/14409482/
<転載開始>
2018年3月9日 15時30分      

             

   

マグニチュード(M)7.5の強い地震に見舞われたパプアニューギニア国内の様子(2018年3月1日撮影、5日入手)。(c)AFP=時事/AFPBB News                

写真拡大

               
                                    【AFP=時事】南太平洋のパプアニューギニアで先月起きたマグニチュード(M)7.5の地震で、ピーター・オニール(Peter O'Neill)首相は9日、死者数が100人を超え、負傷者は数千人に上っていると明らかにした。今も強い余震が続いており、住民の間には米石油大手の石油・天然ガス採掘が何らかの形で地震発生に影響しているのではないかとの疑念が広がっている。

 同国では2月26日に内陸の山岳地帯で発生した強い地震により、土砂崩れや道路の寸断、さらに停電や複数の村が孤立するなどの被害が出ている。

 被災地を視察したオニール首相は、政府と支援団体が被災者への飲料水や食料や避難施設の提供、電力・通信網の復旧に尽力していると述べた一方で、復興には数か月から数年を要するとの考えを示した。

 地震の被害が出ている南ハイランド(Southern Highlands)州では、同国最大の開発事業として米石油大手エクソンモービル(ExxonMobil)が190億ドル(約2兆円)規模の天然ガス施設を操業している。

 現地紙ポストクリエ(Post Courier)が今週報じたところによると、住民たちは石油や天然ガスの採掘で水圧破砕法(フラッキング)が行われていた可能性があり、それが地下の岩盤を不安定にしたかもしれないとの疑念を抱いているという。

 オニール首相は南ハイランド州とヘラ(Hela)州におけるエネルギー開発が地震と関係しているとする証拠は一切ないと述べつつ、オーストラリア政府に独立調査の実施を求めたことを明らかにした。
【翻訳編集】AFPBB News                            

<転載終了>

« 警報鳴りやまず、これが福島(日本)の現状だ! | トップページ | 人類は狂ったワシントンを切り抜けて生き残れるだろうか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 警報鳴りやまず、これが福島(日本)の現状だ! | トップページ | 人類は狂ったワシントンを切り抜けて生き残れるだろうか? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ