逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/3e9d1af607dc25f83495aa186dd3e46d
<転載開始>
2018年03月19日 | 政治
 
韓国の諜報機関トップであるソ・フン(徐 薫)国家情報院長と マイク、ポンペオ米中央情報局(CIA)長官

「米朝首脳会談、外交官でなくスパイが走る」2018年03月19日中央日報日本語版

「米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首脳会談の準備を外交官でなくスパイが主導している」。
ニューヨークタイムズ(NYT)が17日、複数の高官の言葉を引用し、「米国の中央情報局(CIA)と韓国の国家情報院、北朝鮮の海外情報を総括する偵察総局と統一戦線部など3カ国の情報機関の水面下チャンネルが首脳会談の実現のほか実務準備も主導している」とし、このように報じた。同紙は特に「CIAはこのような北朝鮮との水面下交渉を通じて国務省を押しのけ、トランプ大統領の大胆な対北朝鮮外交的開放の主役に浮上した」と伝えた。これは中央日報の3月13日付の単独報道「米朝会談、45分で決定?…トランプ大統領、45日間の水面下作業」の内容を確認するものだ。

  40余日前にCIAが北朝鮮情報機関から「トップダウン方式の高官級会談を望む」という情報を入手し、ペンス米副大統領と金与正(キム・ヨジョン)北朝鮮副部長間の平昌(ピョンチャン)会談を推進し、米朝首脳会談の可能性に備えてきたという内容だ。

  NYTはホワイトハウスが外交チャンネルではなく情報チャンネルを活用して米朝首脳会談を決めたというのは、国務長官に指名されたポンペオCIA長官の影響力を見せていると伝えた。
ポンペオ長官は中央日報の報道のようにトランプ大統領の首脳会談決定前から北朝鮮の偵察総局とチャンネルを運営し、随時、トランプ大統領に金正恩委員長の意図を報告してきた。その間、トランプ-金正恩会談の仲介の役割をしてきた徐薫(ソ・フン)国家情報院長とも緊密な接触を続けた。このようにポンペオ長官が首脳会談の実現に深く関与したため、トランプ大統領が首脳会談を受諾しながら直ちに自分とコードが合うポンペオ長官を国務長官に起用することにし、ティラーソン長官の解任を決めたということだ。

その後、ポンペオ長官は「大統領は金正恩委員長に会う十分な度胸を持つ」と述べ、高官級参謀の中ではほぼ唯一、トランプ大統領の米朝首脳会談受諾を積極的に支持した。一方、現場に同席したマティス国防長官とマクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)は「金正恩委員長とすぐに会うのはリスクと不利な点が多い」と懸念を表明した。

  首脳会談実現および準備において米国側の主役がポンペオ長官なら、韓国では徐薫(ソ・フン)国家情報院長、北朝鮮では金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長が主導的な役割をした。特に徐院長は平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)の閉会式に出席した金英哲部長との非公開会談などで米朝首脳会談の土台を築いたと、NYTは伝えた。これに関連し、ホワイトハウスは先週初め「韓国特使団を通じて伝達されたメッセージのほかに北朝鮮との直接接触はまだない」と述べたが、16日の同じ質問には答弁を拒否した。

ポンペオ長官が国務長官に就任するには上院の承認などで少なくとも数週間かかるが、現在CIA長官であるだけに便宜上CIAチャンネルを活用して首脳会談の準備に関与できるとみられる。ホワイトハウス国家安保会議(NSC)は米朝首脳会談の戦略の準備のために首脳会談実務グループを率いるが、その核心にはCIAがある。NSCではポッティンジャーアジア上級部長が首脳会談の準備を総括している。米朝首脳会談は米国大統領と最も危険な外国首脳との会談だが、準備の過程で主務省庁の国務省は北朝鮮と直接接触する役割でなく支援に回っている。

★注、
今回ティラーソン国務長官を電撃解任したトランプ大統領ですが、国務省の予算や人員をトランプ政権になってから一貫して削減していたし、朝鮮問題がこれほど紛糾しているのに、未だに肝心の駐韓アメリカ大使を任命していないだけではなくて、韓国を担当する国務省の政治任命の局長級人事を一切選出していないのである。意識的に国務省を排除しているが、jこのトランプ流外交ごは『水鳥の脚』で誰にも見えない水面下で諜報機関(CIA)を使って密かに北朝鮮と接触、すでに合意しているものと思われる。



『韓国の外務大臣康京和(カン・ギョンファ)よりもスパイの親玉(ソ・フン国家情報院長)の方が「格上」の扱いだった安倍晋三首相』

歴史的な南北首脳会談の準備として、訪朝した韓国の諜報機関トップであるソ・フン(徐 薫)国家情報院長が訪朝した時の内容の報告で来日して安倍総理と合った時に、以前の韓国外務大臣の初会談時とは違い『同等の高さの椅子』を用意して対応したことが韓国紙では大きなニュースになっていた。と言うか、去年12月19日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官(外務大臣)が平昌冬季オリンピックへの参加を要請するために訪日。安倍首相を表敬訪問した際に、日本側(官邸)が用意した椅子の高さが安倍首相よりも一段低いことに、韓国の政界やらマスコミやらが『韓国を一段低く見る日本側が意図的が見え見え』との大ブーイングが起きていた。(国連事務総長の来日時には同じ椅子を用意した安倍さんですが、会談相手の重要度によって椅子の高さを変えていた)



今の韓国大統領は若いときですが、韓国軍特殊部隊(後方攪乱や暗殺、破壊工作などを行う諜報部隊)で数々の賞を総なめににする実力を持っていた文在寅(ムン・ジェイン)はタイム誌の表紙ではネゴシエーター(交渉人)とのタイトルが付いていた。

<転載終了>