カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« フルフォードレポート(2/13):バチカン、中国共産党、大英帝国と国防総省は世界政府を計画している | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(3/5) »

2018年4月 1日 (日)

金正恩党委員長と習近平国家主席初の中朝首脳会談は、天皇陛下と小沢一郎代表による巨額資金分配を見越しての動きだ

金正恩党委員長と習近平国家主席初の中朝首脳会談は、
天皇陛下と小沢一郎代表による巨額資金分配を見越しての動きだ
 
◆〔特別情報1〕
 天皇、皇后両陛下は3月27日~29日の日程で沖縄県を訪問されている。
沖縄決戦(1945年4月1日~6月22日、場所:沖縄県宜野座村 、沖縄本島。
住民の4人に1人が死亡)で大日本帝国陸海軍の組織的戦闘が終って73年になる。
2019年4月30日に退位される前に現地に足を運びたいというお二人の強い
希望による訪問=鎮魂の旅で、沖縄訪問は皇太子ご夫妻時代を含め計11回目。
この同じ時期に北朝鮮の金正恩党委員長=元帥が3月26日~27日、北京市を
訪問し、「皇帝」習近平国家主席と初の中朝首脳会談を行った。この背景には、
天皇陛下と小沢一郎代表に託されている日米相互防衛援助協定[MSA協定に
基づき、世界銀行・IMFが先物取引によって資金運用した「運用益」が、
G20に分配(シェア)される際、朝鮮半島統一により建設される新国家
「コリア」にも800兆円が分配(シェア)されるのを見越しての動きである。
安倍晋三首相が、「大戦争=核戦争勃発」に備えて、軍備増強、憲法第9条に
「自衛隊」明記・固定化を図ろうと策動しているのは、真逆である。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
世界情勢は時代錯誤の安倍政権では対応できない時代に突入しつつあります。一刻も早く政権交代しないとますます日本は世界から孤立します。     以上

« フルフォードレポート(2/13):バチカン、中国共産党、大英帝国と国防総省は世界政府を計画している | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(3/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フルフォードレポート(2/13):バチカン、中国共産党、大英帝国と国防総省は世界政府を計画している | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(3/5) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ