カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« M7.5の大地震の後、非常事態宣言が発令中されたパプアニューギニアで「20万年間」噴火していない火山に噴火の徴候 | トップページ | なぜ高校の首席は億万長者になれないのか(6/8) »

2018年4月 9日 (月)

小沢一郎代表は、「政権崩壊寸前」の安倍晋三首相に、桜を見習えとばかり「散る時だけは潔くやったほうがいい」と忠告

小沢一郎代表は、「政権崩壊寸前」の安倍晋三首相に、
桜を見習えとばかり「散る時だけは潔くやったほうがいい」と忠告
 
◆〔特別情報1〕
 「天皇陛下の次に偉い人」と中国最高指導者のみならず、一般人民から尊敬の
眼差しで仰ぎ見られている小沢一郎代表が、サンデー毎日の最新号(4月8日号、
3月27日発売)の:インタビュー記事「倉重篤郎のサンデー時評」のなかで、
「政権崩壊寸前」の安倍晋三首相に対して、「持たないと思う。この国会中
(の内閣総辞職)ではないか。粘るほどあいつも喚問だとなり、ズタズタになる
だけだ。少なくとも引き際だけでもすぱっとすればいい。散る時だけは潔くやった
ほうがいい」と桜の花が散るが如く武士らしい散り方を勧めている。行政各部を
指揮監督する最高責任者として「見苦しい振る舞い」は、道徳教育が始まって
60年の節目となる2018年度、道徳が小学校で特別の教科になり、翌2019年度
からは中学校でも教科化されるというのに、安倍晋三首相が「往生際の悪い卑怯で
無様な振る舞い」を続けていたのでは、「国家百年の大計」は成り立たない。
安倍晋三首相は、このことを己の胸にしっかりと問うべきだ。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
日本国民もほとんどが同じ意見です。早く退陣しないと逮捕となるでしょう。以上

 

« M7.5の大地震の後、非常事態宣言が発令中されたパプアニューギニアで「20万年間」噴火していない火山に噴火の徴候 | トップページ | なぜ高校の首席は億万長者になれないのか(6/8) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« M7.5の大地震の後、非常事態宣言が発令中されたパプアニューギニアで「20万年間」噴火していない火山に噴火の徴候 | トップページ | なぜ高校の首席は億万長者になれないのか(6/8) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ