カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« いまだにシリアでテロ組織を支援する米欧や国連 | トップページ | 再任の黒田日銀総裁を待つ異次元緩和「後始末」の修羅場(5/6) »

2018年4月16日 (月)

安倍昭恵夫人の謝罪会見→衆院解散シナリオ、吹き飛ぶ…4月に安倍内閣総辞職の公算か(Business Journal)

安倍昭恵夫人の謝罪会見→衆院解散シナリオ、吹き飛ぶ…4月に安倍内閣総辞職の公算か(Business Journal)
http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/860.html

投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 13 日 02:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

 
 
   
      

安倍昭恵夫人の謝罪会見→衆院解散シナリオ、吹き飛ぶ…4月に安倍内閣総辞職の公算か
http://biz-journal.jp/2018/04/post_22978.html
2018.04.12 構成=長井雄一朗/ライター 昭恵夫人謝罪会見→衆院解散が白紙に Business Journal 

 
  安倍首相(日刊現代/アフロ)


 加計学園の獣医学部設置に関して、安倍晋三首相の元秘書官・柳瀬唯夫首相氏が愛媛県職員らに「首相案件」と述べたと記された県の文書が発覚した問題で、永田町に激震が走っている。愛媛県の中村時広知事は、県職員が報告のための備忘録として作成したものと認めており、与党幹部からも「首相はしっかりと説明責任を果たすべき」との声も出ている。

「実は安倍首相は一時期、森友問題が落ち着いた後、妻の昭恵氏に謝罪会見を行わせ、解散に打って出ようとしていたと、いわれています。しかし、自民党内では、死に体の安倍内閣は今国会会期末までもたないとして、総裁選の具体的な方法論までささやかれています」

 こう語る政治ジャーナリストの朝霞唯夫氏に、今後の政局はどう動くのかを聞いた。

――「首相案件」文書発覚後の、永田町の最新動向は?

朝霞 野党は、完全に安倍首相への退陣要求モードになっています。一方、自民党は二階俊博幹事長も柳瀬氏の証人喚問を認める方向で動いています。永田町の空気はここ数日で大きく変容しました。4月3日に防衛省の日報問題が取りざたされ、自民党は当初、楽観的に受け止めていましたが、「大変なことになる」との危機感が高まったなかで、さらに「首相案件」文書が発覚したわけです。

 実は、自民党としては森友問題については、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問で説明責任は果たしたと考えていました。党内では、5月中旬以降に昭恵氏に会見してもらって、「何も知らなかった」「私は森友を応援していただけ」ということで幕引きが考えられていたといいます。そして安倍三選が難しいのであれば、安倍首相は今国会会期末に衆議院解散に打って出るのではないかという観測が生まれていました。

 しかし、「モリカケ」「日報問題」で、自民党内は「とても解散を打てる状態にない」という空気になっており、どこかのタイミングで安倍内閣は総辞職せざるを得ないでしょう。一部の党関係者の間では、どのような方法で総裁選を行うかが、ささやかれています。

■岸田氏と石破氏の一騎打ち

――通常の総裁選ですと、党員、地方議員、国会議員による投票で総裁を選出しますが、これでは時間がかかりそうですね。

朝霞 安倍内閣が今国会での任期途中で総辞職になれば、政治空白をつくるわけにはいきませんから、時間のかかる総裁選は難しい。国会議員だけで総裁を決めてはどうかという案も浮上していますが、それでは地方軽視と受け止められます。そこで、地方党員や地方議員の票の取りまとめを各県連に委任し、各県連が一票を入れた後で国会議員票も加えるという折衷案などが浮上しています。これであれば政治空白が最小限で済むという考えです。岸田文雄党政調会長、石破茂元防衛相、野田聖子総務相の3人が出馬するとみられていますが、事実上、岸田氏と石破氏の一騎打ちです。

――このままだと安倍政権は死に体ですか。

朝霞 安倍政権だけではなく、自公連立政権が沈没状態ですので、安倍首相に解散を打たせない方向で自公は動くでしょう。自民党側からすれば、今、政党支持率は3割以上ありますが、もし内閣支持率が2割を切り、それにひきずられるかたちで政党支持率も下がれば一大事です。こうなった場合、誰も安倍首相を庇えません。世論の数字が今後の政局を決める大きなポイントです。

――政局のキーパーソンは誰ですか。

朝霞 二階幹事長です。それに加えて、すでに政界を引退したかつての“参議院のドン”青木幹雄氏との連携がカギですが、青木氏が事実上支配する竹下派に総裁候補は不在です。総裁選に色気がある茂木敏充経済再生担当相は閣内にいるので難しいでしょう。

 そこで竹下派は少数派閥を抱える石破氏を推す流れになることが考えられます。一方、岸田派と麻生派は岸田氏を推しますが、清和会としては悩ましいところです。ですから、次の総裁選はいろいろな思惑が飛び交います。

――来年は統一地方選挙と参議院選挙が控えています。

朝霞 党総裁は顔ですから、選挙で戦うにはどの人がふさわしいか、それを誰しもが考えて行動をするでしょう。

■霞が関の官僚による反乱?

――党実力者の話し合いでの総裁選出はありえますか。

朝霞 それはやりません。かつて、小渕恵三が首相在任中に死去した際、後継に森喜朗氏が就任しました。ただし、選任過程でいわゆる「5人組による密室政治」で決めたことについて世論から大バッシングを受け、それが現在でも自民党内のトラウマになっています。それは結果として来年の選挙に響くことになります。

――一連の発覚した不祥事は、霞が関の官僚による安倍内閣に対する反乱ではないか、という見方もあります。

朝霞 霞が関による反乱というわけではないです。絶対政権の安倍政権が強大化し、官僚の人事も首相官邸が主導するなかで、官僚全体が安倍政権に忖度するようになっていたところで、行政の膿も出てきたととらえています。

 佐川氏が刑事訴追される可能性もありますが、今回、政治は佐川氏を切り捨てました。これを見た優秀な大学生が公務員を志望しなくなれば、国の行方が危ぶまれます。その点だけでも、安倍政権の罪は重いです。

(構成=長井雄一朗/ライター)

  拍手はせず、拍手一覧を見る
   

   
コメント
 
1.  2018年4月13日 02:55:58 : ubsqxr99nk : L8tnnf@OvnU[40]
総辞職で幕を引くな!

安倍の収監まで生き、政界大掃除しないと、日本の復活はありません。

怖いジャパンハンドラーも失業し、日本にいないのですから、出来ますよね。

トランプは、世界の常識を正常化しているのだね。

ありがたいことです。

安倍、ネオコン・戦争家は、日本からも追放です。

岸家、安倍家資産没収の上、監獄24年間以上で手を打ちましょう。

安倍の町内引き回しの上、断首、国会前でさらし首。

など、見たくないね。見たいかい?

国家の大罪を犯した罪を、身をもって償ってもらいたいですね。


    
2.  2018年4月13日 04:01:45 : xRKwFsB18o : 1XOq1QPjtXg[1]
トランプ信奉者てのは結局クズウヨの亜種に過ぎない。

    
3.  2018年4月13日 06:19:23 : zwHa1FqIfQ : aXUomiEjkYk[70]
従来のジャパンハンドラーが日本にいないとしても米国の政治屋が
日本の売国奴と組んでいる図式は変わらないだろ。
少なくとも検察は、犯罪者・安倍に対して今のところ厳しい追求をしていない。

さて選挙の場合だが、小沢代表の言うとおり
「野党第一党である枝野さんが中心になって5党の連携を作れれば
事実上の政権交代が実現する」
この条件として、前回の前原・小池のように、野党を壊させないこと。
また野党の議員がスキャンダルを起こして自爆することに注意。


    
4.  2018年4月13日 06:40:53 : 8CQ4aoTb0c : lnteHxor0tE[2]
先の総選挙で自民は圧勝しました。それは想定以上でした。
そして、連立を組む公明は、持ち票も減らす惨敗でした。それは想定外でした。
勝利の美酒は心地よくしかし酒は醒めます。
敗北で流した血と涙は、塩っぱくザラついた鉄の味がいつまでも残ります。
不意打ちの解散権はもう存在しないでしょう。
公明の協力無しで勝利する組織力を、どれだけ維持しているかという事です。

    
5.  2018年4月13日 07:26:30 : KvVDFMqrrM : oB1lSohaT7c[1]

ご馳走してもらっているから逮捕だろう。

大阪地検はまさか安倍本人が自分でご馳走してもらったと、収賄を堂々と喋っている安倍を捕まえない筈はないからだ。

2017年7月24日・学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などをめぐる、衆院予算委員会の閉会中審査。

大串氏:面会の食事代について聞きたい。

安倍首相:私がごちそうすることもあるし、先方が支払うこともある。友人関係ですので割り勘もある。何か頼まれてごちそうされたことはない。気の置けない友人関係なので。

.co.jp/pongisayoku

国家戦略特区のTOP議長である安倍は加計による獣医学部新設計画を知ったのは2017年1月であるという大ウソをこともあろうに国会で述べている。

議長が知っていて「ごちそうされた。」らアウトだから、知らなかったと言い張るしかないのである。

2015年頃にはとうに知っていたのに大ウソを言ったのは、大串の質問に自ら答えたように加計から「ごちそうの供応」を受けていたからだ、

逮捕は時間の問題であろう。


    
6.  2018年4月13日 07:43:12 : ObN2yaGkPc : tTvLhOYXYyY[-364]
ケネディのように狙撃されろ。

[18初期非表示理由]:担当:言葉遣いがおかしなコメント多数のため全部処理
    
7.  2018年4月13日 08:19:42 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[637]
>2 のご意見は単純すぎて誤解を生みやすいので、より正確な情報を
下記にまとめてみました。

反トランプ活動家たちの特徴:
1.一部は日本の革マル派に相当;民主党の左翼化
2.言論の自由を許さない。自分たちと異なる意見者を暴力で排除
3.社会保障の拡大(食物、医療、教育の無料化、生活保護など)
4.国境解放、不法入国者や犯罪者に寛大
5.改正案2の武器の携帯に反対
6.白人差別の傾向にある 
7.グローバリズム推進の大手メディア、ハリウッド、ネトウヨが応援

トランプ派の特徴
1.言論の自由を主張、護憲派
2.米国文化の維持と愛国心ある保守派、極右ではない。
3.軍備整備と拡大
4.改正案2で保証する武器の携帯
5.不法入国者防止にメキシコとの国境に高い壁の建設に賛成
6.自立のための経済発展を重視
7. 支持者は白人が大半
8.トランプはグローバリズム大反対


    
8.  2018年4月13日 08:20:59 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[565]

あべ早く辞めろ!

『顔見るのも汚らわしい』-----国民の声


    
9.  2018年4月13日 08:24:18 : AaiOnkbDJ2 : Kq_ZDp_Cjrk[4]
安倍さんだけを引きずり下ろして黒幕が安泰では意味がない。
加計疑獄は皇族(秋篠宮・川嶋家・正田家)が関わっていることを
マスコミが隠していることが何よりの証拠。

不正まみれの秋篠宮家を持ち上げ、東宮一家や小和田家を捏造して叩いたマスコミ。
韓国のように特権階級にもメスを入れて悪人退治をして欲しい!!


    
10.  2018年4月13日 08:35:57 : KSMiYIDN7Y : wLVJhepnNFs[280]

真っ赤な顔をして、怒っているんだか、恥ずかしがってんだか分からないような
男が、一枚一枚虚構を服をはぎ取られ、時間をかけてストリップをしている前代
未聞の国会劇場。

攻める野党の数の少なさは確かに痛手だが、一騎当千、国会内外での神出鬼没の
活躍をしてくれている。

しかし、・・出て来る問題が多すぎるとも言える。

新聞・テレビ・ラジオにはまだまだ安倍を応援する勢力が強固で、次から次に、フェイクやスキャンダルやごまかしの報道を続けている。

こいつ達は何とか市民の手で、記事や放送の一つ一つをモグラたたきしていか
ないと、野党議員だけには頼ってられない。

フェイク放送・フェイク記事は阿修羅紙面にどんどん取り上げてもらいたい。

以上は「阿修羅」より

一刻も早く安倍政権は総辞職すべきです。森友学園・佐川事件は不起訴方針とのこと、地検も腐敗したものです。                     以上

« いまだにシリアでテロ組織を支援する米欧や国連 | トップページ | 再任の黒田日銀総裁を待つ異次元緩和「後始末」の修羅場(5/6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いまだにシリアでテロ組織を支援する米欧や国連 | トップページ | 再任の黒田日銀総裁を待つ異次元緩和「後始末」の修羅場(5/6) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ