カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 官僚のモラルを破壊し尽くす男 その名は安倍晋三 | トップページ | 再任の黒田日銀総裁を待つ異次元緩和「後始末」の修羅場(4/6) »

2018年4月15日 (日)

OPCWのチームが調査を始める直前、米英仏はシリアをミサイル攻撃

OPCWのチームが調査を始める直前、米英仏はシリアをミサイル攻撃               

カテゴリ:カテゴリ未分類

 アメリカ、イギリス、フランスの3カ国はシリアを4月14日早朝に攻撃した。詳細は不明だが、100機程度のミサイルを撃ち込み、そのうち15機程度は撃墜され、相当数はコースを外れたとも伝えられている。

 これらの国々は2011年3月からシリアを侵略、バシャール・アル・アサド政権の打倒を目指してきたが、送り込んだジハード傭兵は敗走、新たな手先にしたクルドとの関係も微妙で、リビアと同じように直接的な軍事侵攻を目論んできた。

 今回の攻撃は「化学兵器の使用」だが、そうした事実はなかった可能性が高い。過去、何度か同じ主張をしているが、いずれも嘘だったことが判明している。今回、米英仏の主張が正しいかどうかを検証するため、OPCW(化学兵器禁止機関)のチームがダマスカスへ入ったところだった。

 この機関をアメリカは完全にコントロールできていないようで、調査が行われればアメリカ側の嘘が明らかになったと見られている。ロシア政府は化学兵器を使った偽旗作戦にイギリスの情報機関が関与していると主張していた。攻撃には証拠隠滅の狙いもあるだろう。

 当初の見通しでは、伝えられている攻撃状況が正しいなら、ロシアからの反撃がないだろうという規模なのだが、それを否定するコメントがロシア側から出ていた。米英仏はグレーゾーンでの攻撃を実施したとも言える。イスラエルやサウジアラビアからの圧力もあり、アメリカの国務省やCIAは戦争を始めたがっていた。こうした勢力が国防総省を押し切った形だ。

 アメリカ軍は好戦派をなだめるために攻撃してみせただけだという見方もあるが、今回、ロシアが自重すれば米英仏は増長して好戦的な政策をさらに進め、ロシアが反撃すれば大規模な戦争に発展する可能性がある。偽情報を掲げながらイラクを先制攻撃した際、統合参謀本部の抵抗で開戦が1年ほど延びたと言われている。アメリカで最も好戦的な勢力は「肘掛け椅子」に腰掛けながら机上で戦争を妄想している「文民」だ。

​    

以上は「櫻井ジャーナル」より
米英仏は調査が済まないうちに攻撃をしています。自分たちの嘘がばれるからです。
嘘の情報で攻撃している米英仏を支持する安倍政権はどちらに正義があると思っているのか安倍政権自体が嘘まみれであるからでしょう。             以上

« 官僚のモラルを破壊し尽くす男 その名は安倍晋三 | トップページ | 再任の黒田日銀総裁を待つ異次元緩和「後始末」の修羅場(4/6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 官僚のモラルを破壊し尽くす男 その名は安倍晋三 | トップページ | 再任の黒田日銀総裁を待つ異次元緩和「後始末」の修羅場(4/6) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ