最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ウソは戦争を招きかねない | トップページ | ドバイの人工知能政府とポストヒューマンの推進ーその1 »

2018年4月26日 (木)

日米会談失敗がトドメ 現実味帯びる安倍首相の「6月退陣」(日刊ゲンダイ)

日米会談失敗がトドメ 現実味帯びる安倍首相の「6月退陣」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/311.html

投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 19 日 11:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

 
 
   
      

 

日米会談失敗がトドメ 現実味帯びる安倍首相の「6月退陣」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227421
2018年4月19日 日刊ゲンダイ

 
 日米会談が失敗に終われば…(C)AP

「北朝鮮問題、経済問題について日米連携を確認し、強固な日米同盟の絆を発信する」――。安倍首相はこう意気込んで訪米したが、迎える米国側はシラーッとしたものだ。「安倍さんの引き際、今国会が終わる頃じゃないか」という小泉元首相の発言を海外メディアが詳報。安倍政権が死に体であることが世界に知れ渡ったからだ。安倍官邸は政権浮揚をこの日米首脳会談に賭けているという。逆に言うと、日米会談が失敗に終わったら、小泉氏の見立て通りに「6月退陣」が現実味を帯びてくる。

■“小泉爆弾”が炸裂

 発売中の「週刊朝日」に掲載された小泉氏のインタビューは容赦ない。

 森友学園疑惑について、「根本の嘘の始まりは、国会で『私や妻が関わっていたのなら、総理大臣も国会議員も辞めます』だね。昭恵さんは森友学園の元名誉校長でしょう。森友学園へ行き、挨拶までし、関係しているのに、なぜ、あんな嘘を言い続けるのか、わかんないね」とバッサリ。「嘘の上塗りをするからおかしくなる。総理も国会議員も辞めると言ったので、本当ならとっくに辞めてなきゃいけないはず」と断じ、「危なくなってきたね。安倍さんの引き際、今国会が終わる頃(6月20日)じゃないか。(9月の)総裁選で3選はないね」と引導を渡したのだ。

 ロイター通信がこの小泉発言を引用し、「前任者が予測 支持率下落で窮地に立たされた日本の安倍首相の辞任」という見出しで一連の不祥事や支持率急落などを詳報。世界のメディアに配信され、「身内びいきスキャンダルによる打撃で日本の安倍晋三に6月辞任予測」(ガーディアン)、「ドナルド・トランプとの2日間にわたる重要な首脳会談を前にした日本の安倍晋三に辞任圧力」(テレグラフ)などと後追いが続いた。

「トランプ大統領もホワイトハウスも安倍首相はレームダックだと見限っている。トランプ大統領の念頭にあるのは対日貿易赤字の解消で、瀕死のカモネギからふんだくることしか頭にありません。安倍首相が直談判する米朝首脳会談での拉致問題提起にOKを出しましたが、このひと言でディール(取引)できるのであれば、安いものでしょう」(日米外交関係者)

 米朝会談の現場に安倍首相が乗り込み、その場で日朝首脳会談を押し込むという仰天プランが報じられるほど支持率回復に血眼になっているが、支持率下落傾向に歯止めはかからない。

「安倍首相にとって、日米首脳会談は支持率をアップさせる最後の頼みの綱です。あとは金正恩に土下座して日朝首脳会談を実現させるくらいしかない。もし、トランプ大統領と会った後も支持率が下がり続けたら、もう策がない。それだけに党も官邸もゴールデンウイーク明けの支持率に大注目しています。ここでダメなら、もうオシマイでしょう」(与党中堅議員)

 安倍首相が居ぬ間も福田淳一財務次官をめぐるセクハラ疑惑が政権をむしばむのは必至。

 これで手ぶら帰国となれば、安倍政権のトドメになる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る
   

   
コメント
 
1.    中川隆[-10483] koaQ7Jey 2018年4月19日 11:38:52 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-11248]
>発売中の「週刊朝日」に掲載された小泉氏のインタビューは容赦ない。
>安倍さんの引き際、今国会が終わる頃(6月20日)じゃないか。(9月の)総裁選で3選はないね」と引導を渡したのだ。

小泉はCIAの手先だからね:

安部総理が憲法改正を言い出した途端にモリカケ問題で振り回されるようになった。
NHKはアメリカの指示で護憲反核番組を作った

日本の政治家・官僚・学者とジャーナリズムを監視する米軍組織

 神奈川県の座間キャンプ内にある、米軍第500軍事情報旅団「アジア研究分遣隊」Asian Studies Detachmentでは、日本国内で刊行される書物・雑誌等々を網羅的に「チェック」し、米国の政策に反対する人間、反米の思想家・評論家を監視している。

小泉元総理が学生時代に犯した日本女子大学の大学生に対する強姦事件と、神奈川県警に逮捕された小泉元総理の警察の取り調べ調書も米国側は当然握っていた。小泉はこれで完全に 「操り人形」と化していた。

さらに、この軍隊は、こうした反米的思想の持ち主の身辺を「探り」、その金銭関係、異性関係、趣味・性癖の「情報収集」に当たっている。不倫関係、多額の借金、他人に言えない性癖等々の情報を収集し、「反米的な」思想家・評論家・ジャーナリスト・大学教授を「脅迫」し、口封じを行うためである。

 「必要に応じて」こうした情報は日本のマスコミに流され、スキャンダル流布による、特定のジャーナリスト・大学教授「ツブシ」が行われる。これは米軍による「日本支配のための軍事行動」である。そのエージェントが、マスコミである(注1)。

*注1・・・小泉元首相の郵政民営化を厳しく批判した植草一秀教授に対する、捏造スキャンダルによる、司法とマスコミの、リンチ報道・裁判に、その極めて悪質な典型を見る事が出来る。植草教授に対する、この捏造スキャンダル=リンチ事件は、日本から表現の自由・言論の自由が無くなる歴史的出発点として、言論暗黒時代へ向かう分岐点として、50年後、日本現代史にゴシック体文字で印刷・刻印されるであろう。以下、参照。

このCIAが日本を含め世界各国の国会議員、政治家達の女性スキャンダル、裏金作り情報、松岡農林水産大臣の「なんとか還元水」問題等の情報を調査・把握し、米国に逆らえば日本の東京地検特捜部に匿名ファックスを送り付けて来る事は日常的に行われている、常識的な「慣例」である。

現在では、極東最大のスパイ組織キャンプ座間にある米国陸軍第500軍事情報大隊が総力を上げ、日本の政治家、企業経営者達のスキャンダル情報の調査・ 蓄積を行っている。

相手は軍隊である。無防備な農林水産大臣1人を「潰す」事は簡単である。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49609103.html

安部総理が憲法改正を言い出した途端にモリカケ問題で振り回されるようになった。
NHKはアメリカの指示で護憲反核番組を作った

日本では自前の核武装が、国内の権力構造の根本的な転覆につながる。
戦後日本の権力を握ってきたのは官僚機構であるが、彼らは、本来なら自分たちより上位なはずの政治家(国会)を牛耳るため、対米従属(日米安保体制)の国家戦略を必要としている(日本の官僚機構が勝手に米国=お上の意志を代弁して日本を支配する構図)。

日本が核武装すると、米国は、日本を核の傘から外して対米自立させるので、官僚が権力を詐取し続けられなくなり、政治家(国会)に権力が移る。

対米従属による権力維持の永続を望む官僚機構は、日本独自の核武装に反対している。

対米従属型の官僚独裁を主導してきた日本外務省とその傀儡「専門家」たちは、核武装論になると、急に平和主義者として振る舞い、核武装に強く反対する。
https://tanakanews.com/170910japan.htm

2018-03-14
「モリカケ報道→倒閣→日本破壊」がマスコミのシナリオだ

安倍首相は別にモリカケに関与したわけではないのだが、マスコミと野党はまるで安倍首相が賄賂を受け取ったか強権を発動したかのように印象操作をし続けて倒閣を画策している。

モリカケ問題は「マスコミ・野党による倒閣運動」である。それがすべてだ。

なぜマスコミと野党が「モリカケ=倒閣運動」をしているのかというと、マスコミ自体が、中国・韓国・北朝鮮の工作員とそのシンパに乗っ取られて、日本破壊に動いているからだ。

モリカケ報道→倒閣→日本破壊

この流れに持っていきたいというのがマスコミと野党の野望であり、だから今この瞬間にもマスコミは総力を挙げてモリカケ倒閣アジビラ報道に突き進んでいる。日本破壊のためだ。

『スイス民間防衛』では、侵略国が工作チームを送り込むとしたら、「政府当局、行政組織、輸送、新聞出版、ラジオ、テレビ企業に潜り込ませる」と明確に書いている。

マスコミを掌握すればその国の世論を混乱させたり操作したり洗脳したりすることができるからだ。中国・韓国・北朝鮮は忠実にそれを行っているのである。
http://darkness-tiga.blogspot.jp/2018/03/20180314T1620280900.html

中国も韓国も北朝鮮は外から恫喝するだけでなく、内側からも日本に侵略して工作員とそのシンパたちによる工作活動を行っている。

日本人拉致に関わった北朝鮮の工作員、辛光洙(シン・ガンス)を見ても分かる通り、日本には数十万人にものぼる工作員がうごめいている。

日本人ではないのになぜか日本人の名前を持ち、日本を嫌っているのになぜか日本で暮らす。その日本嫌いの人間がネットワークを組み、互いに相手を引き上げる。そして、テレビやマスコミに露出して、執拗に日本を貶める。

彼らは日本の政治、マスコミ、財界、教育、行政に潜り込み、日本が内部崩壊するように仕立てあげている。私たちの隣の人が反日国家の「なりすまし」かもしれないというのは冗談でも何でもない。

この工作活動は今や公然と行われているのだが、マスコミ自体が乗っ取られているので、これは決して表沙汰になることはない。表沙汰になるどころか、むしろ隠蔽されるだけだ。

日本の政治界は、民主系(民進党・立憲民主党・希望の党)の議員を見て分かる通り売国奴の集まりである。国籍が分からない人間や、日本に帰化したのを隠している議員が大勢いる。

自民党の内部にも何食わぬ顔で売国奴が潜り込んで、中国や韓国や北朝鮮の工作員やそのシンパとして動いている。

日本のマスコミもその多くが中国・韓国・北朝鮮に取り込まれており、もはや救いようがないレベルにまで到達している。

そして、マスゴミに属する多くの記者が中国・韓国・北朝鮮寄りの歪曲記事を日本人に押しつけて、自虐史観や世論操作や倒閣工作を今も行い続けている。

安倍政権は、中国・韓国・北朝鮮の侵略から日本を守り、日本を取り戻そうとしている。しかし、日本を侵略したいと思っている中国・韓国・北朝鮮のような国にそれは都合が悪い。

だからこれらの反日国家は、気が狂ったかのように安倍政権に反対している。

さしずめ、安倍政権が倒れれば日本侵略が成功できると考えている工作員は、安倍政権のやることなすことをすべて反対して日本を混乱させている。

活動家が街で騒ぎ、マスコミがそれを取り上げる。野党が国会で安倍首相に退陣を迫り、マスコミがそれを取り上げる。マスコミ自身もありとあらゆる機会を捉えて安倍政権を攻撃する。

たとえばモリカケ問題でも、安倍首相は関与もしていないのは事実なのに、あたかも関与したかのように印象操作を繰り返して安定した政権を崩壊させようと画策している。

活動家と野党とマスコミが三位一体となって倒閣工作を進めているのだ。
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2018/04/20180403T1512440900.html


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくある,ペンネーム&IP単発コメントはスレ主が処理可能)
アラシ。
    
2.  2018年4月19日 11:46:18 : NlRcaggDr6 : AuJz4ag4uO0[1]
>「ここでダメなら、もうオシマイでしょう」(与党中堅議員)

何ボケてるんだ?
もうとっくの昔にオシマってるよw
そんな頭だから、尻に火が付くどころか燃えてるまで気がつかない。


    
3.  2018年4月19日 11:58:30 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[7981]
玉木雄一郎氏
「日米首脳会談、通商分野は厳しい結果だ。安倍総理は面前でトランプ大統領からTPPには戻らないと名言され、さらに事実上、二国間協定に向けた協議を約束させられ、それなのに鉄鋼・アルミの輸入制限の適用除外は勝ち取れず。かつ日本市場は参入障壁ばかりだとの誤解も解けず。牛肉と自動車は要注意だ。」
https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/986758611253653505

原口一博氏
「彼らは1年前から周到に準備してきました。その結果が「今回の惨敗」。
日米FTAを約束させられたと考えて対応しなければならないのかもしれません。
コメ、牛肉、自動車…。実質関税ゼロになれば何が起きるか?想像しただけでゾッとします。審議で確認したいと思います。」
https://twitter.com/kharaguchi/status/986786037287407616

日米FTA反対の声をあげましょう。それを進める議員、小役人を糾弾していきましょう。


    
4.    新共産主義クラブ[6118] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年4月19日 11:59:50 : okYIEeje0U : uKF0pkE_pb8[149]
 
 安倍晋三氏本人には、首相の進退について決める権限を持っておらず、日本の首相の進退を決める権限は、元台湾省総統の李登輝氏が握っている。
 
 現時点では、元台湾省総統の李登輝氏は、安倍内閣の総辞職を認めていないと思う。
 
 首相官邸が追い詰められて、細田派を除く与野党一致しての内閣不信任案可決が近いと李登輝・元台湾省総統が判断すれば、5月解散・6月総選挙の可能性の方が高い。
 

    
5.    新共産主義クラブ[6119] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年4月19日 12:02:20 : okYIEeje0U : uKF0pkE_pb8[150]
>>4(訂正)
 
 安倍晋三氏本人は、首相の進退について決める権限を持っておらず、日本の首相の進退を決める権限は、元台湾省総統の李登輝氏が握っている。
 

    
6.  2018年4月19日 12:11:23 : 3ONG6DK8ps : _wfPGXzbwFQ[1]
おっぱいタッチは、所ジョージさんだったか

    
7.  2018年4月19日 12:12:43 : 2VMYWijcBE : eU@lY6nYc40[15]
>日米会談失敗がトドメ 現実味帯びる安倍首相の「6月退陣」(日刊ゲンダイ)(この投稿の標題)

 多摩散人です。

 またまた、6月まで延びたんですか。今まで一年間以上、モリ・カケその他で、「詰んだ、詰んだ」は全部デマだったんだ。


    
8.  2018年4月19日 12:15:44 : 3ONG6DK8ps : _wfPGXzbwFQ[2]
食生活の見直しと、外で食べるのは危ないかも台湾
日本は安全である

    
9.  2018年4月19日 12:27:29 : Rt02UdjH9g : 7FMPgE6twRo[624]
それより為替だな。
円安誘導の禁止が言い渡されたとしたら致命的だぞ。
安倍は通貨切り下げ政策を取り、それに対する各国の批判を抑えるためにカネをバラ撒いてきたのだから。

    
10.    日高見連邦共和国[7993] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年4月19日 12:31:04 : NwWQYiC8iY : NhAAyv4W0iw[562]

>>07

ダメ散人。最近のオマエが言える事は『それだけ』だな!(笑)

常人は前例と常識の上に生き、キチガイは狂気の砂楼に住む。

木の葉が沈み、白を黒と言い換えるこの“異常な風景”をオマエはどう思うのか?

アベをちゃんと擁護したいなら、ヤツのやり様の正しさと明らかな結果で庇え。

・・・まあ、それが出来ないからそんな感じ(笑)なんだがな。

ねえ、生きてて楽しい?(笑)


    
11.  2018年4月19日 12:49:44 : DZa4bW5AQA : pmDXLnvVpvw[1]
安倍が死に体であることは諜報機関から報告があったであろうし、トランプとしてはそこにつけ込んでどんな要求もできることが分かっていての会談に何の意味があったのか

    
12.  2018年4月19日 12:50:24 : tbvdfAa8Rg : WBNS8j2KLCA[148]
安倍は自画自賛している、NHKも失敗とは言っていない、バカ国民はさすがトランプと昵懇の安倍さんと感じているのではないか、つまり支持率アップ、そして居座り、それこそ自分は関係ないと思っている麻生さんの方が危ない。どうも安倍は王様気取りだ、昭恵は王女様気取り、ただの人にして豚箱に入れない限り、安倍は総理大臣を辞めないだろう。日本の悲劇。

    
13.  2018年4月19日 13:11:57 : WYlhMF5ZhY : QFCLF2yMnrE[154]
04>李登輝氏が握っている。>デマだなw統一教会はいい加減なことばかり

言ってる。


    
14.  2018年4月19日 13:18:01 : Tic5GE1AW6 : V8kV0OraBnY[4]
この期に及んで安倍を庇ってるやつらって自分はうんこ脳ですって言ってんのと同じだ。

    
15.  2018年4月19日 13:31:21 : avdjEZa1Gc : AZi@5KEmKMk[8]
>>12
そこなんですよね❗
タマちゃんの言うことも耳を傾けるべき。
一年後も安倍内閣だったりして😱

    
16.  2018年4月19日 13:42:42 : zldxgKtU4Y : eK7GjOoLWns[17]
2度目のトランプ会談ですっかり足元を見透かされた安部首相。
今回は官僚の同伴は認められず1対1の差しの会談。

拉致問題
本件は北朝鮮から3月に解決済という回答が日本政府にきている。
北は日本政府を相手にしないだろう。
米国も米朝会談を成功に導き中間選挙に向けてトランプの外交得点につなげたいので、拉致問題を会談に持ち出すことはあり得ない。

貿易問題
TPPはトランプの選挙公約なので参加することはあり得ない。
AFPによると、カメラの目前で2国間協定の開始に同意させられたようだ。
速記録にサインさせられているかもしれない。

今まで52兆円もばらまいて海外出張しても全く外交能力は無しのままだったようだ。
こんな人には日本を任せられない。


    
17.    新共産主義クラブ[6120] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年4月19日 13:55:33 : NXyQ1A9MCU : EYy8nPgWudo[1]
>>12「赤かぶ」さんへ
 
 第二次安倍政権の成立に、台湾独立派の「台湾ロビー」が大きく関わったことは周知の事実です。
 
 2015年の日本の安保法制の国会での審議期間中にも、同年7月に李登輝・元中国台湾省総統は来日して講演し、また秘密裏に安倍首相と面会し、安保法制の成立を後押しするなど、李登輝・元中国台湾省総統は安倍内閣の政権運営に深く携わっています。
 
 「赤かぶ」さんは、『台湾黑社會』の「やくざ」か、『台湾黑社會』と覚醒剤などの取引をしている「やくざ」なのですか?
 
 
◆ 台灣黑社會
 
 臺灣黑社會依中華民國法律-中華民國《組織犯罪防制條例》所定義,「犯罪組織,係指三人以上,有內部管理結構,以犯罪為宗旨或以其成員從事犯罪活動,具有集團性、常習性及脅迫性或暴力性之組織。
 
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E7%81%A3%E9%BB%91%E7%A4%BE%E6%9C%83
 

    
18.    新共産主義クラブ[6121] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年4月19日 13:57:21 : NXyQ1A9MCU : EYy8nPgWudo[2]
>>17(訂正)

 「>>12「赤かぶ」さんへ ⇒ >>13「赤かぶ」さんへ」
 


    
19.  2018年4月19日 14:22:13 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[2650]
6月とか言ってないで
早く消えて

    
20.  2018年4月19日 14:39:40 : na1i1hKHkc : fvghA6VXuVI[4]
「宇予くん」 が大炎上した日本青年会議所のネット工作 
10年以上前から行われていた可能性
http://news.livedoor.com/article/detail/14546306/
                     

    
21.    新共産主義クラブ[6122] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年4月19日 15:12:29 : wThOYnVQTI : KYBp7V7b9Cw[1]

  
(ご参考)
 
安倍晋三首相とトランプ米大統領は18日午後(日本時間19日午前)、米フロリダ州パームビーチで会談後に共同記者会見を行った。会見の内容は次の通り。 
 
◆ 共同記者会見(1) トランプ大統領「拉致被害者が日本に帰れることをシンゾーに約束」
https://www.sankei.com/politics/news/180419/plt1804190016-n1.html
 
◆ 共同記者会見(2) トランプ大統領、米朝会談で成果が上がらねば「何かが起きます」
https://www.sankei.com/politics/news/180419/plt1804190017-n1.html
 
◆ 共同記者会見(3)完 安倍晋三首相「TPPが両国にとって最善」 トランプ大統領「2国間の貿易協定望ましい」
https://www.sankei.com/politics/news/180419/plt1804190020-n1.html
 
◆ Watch: Trump and Japan's Abe speak after revelation of Pompeo meeting with Kim Jong Un
(CNBC,5:30 p.m. ET. 2018/04/18/)
 
https://www.cnbc.com/2018/04/18/watch-trump-and-japanese-prime-minister-shinzo-abes-press-conference.html
 

以上は「阿修羅」より

トランプ大統領に止めを刺されて遂に退陣です。遅いぐらいです。 以上


    

« ウソは戦争を招きかねない | トップページ | ドバイの人工知能政府とポストヒューマンの推進ーその1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ウソは戦争を招きかねない | トップページ | ドバイの人工知能政府とポストヒューマンの推進ーその1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ