カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 安倍内閣の弾圧で廃刊になった雑誌が放った最終号の暗黒日本暴露の特大スクープ | トップページ | イランでのアメリカの転覆工作はなぜ失敗したのか »

2018年4月23日 (月)

福田淳一事務次官セクハラ事件は、日本新聞協会が財務省に抗議すべき重大問題だ

福田淳一事務次官セクハラ事件は、日本新聞協会が財務省に

抗議すべき重大問題だ

◆〔特別情報1〕
 財務省の福田淳一事務次官からセクハラを受けた被害女性記者10人が、

週刊新潮編集部に押し寄せ、「私、本当ですよ。何なら名乗り出ましょうか」と

告発に立ち上がる意向を示した。週刊新潮編集部が、このことを

福田淳一事務次官に教えたところ、「辞意」を麻生太郎副総理兼財務相に

伝えたという。週刊新潮が、被害女性記者10人から聞いたことを、すべて克明に

報じた場合、財務省の権威と名誉は、ズドーンと地に落ちてしまうのは、明らか

である。福田淳一事務次官は、名誉棄損容疑で刑事告訴する構えだが、事件は、

福田淳一事務次官に止まらず、ほかの財務官僚に飛び火して、財務省は、

機能不全に陥る危険に見舞われる。もはや一般社団法人日本新聞協会

(日本の新聞、放送、通信の企業・個人で構成する業界団体)が、責任を持って

財務省に抗議すべき重大問題である。この責任は、人事権を握る

麻生太郎副総理兼財務相だけでなく、行政各部を指揮監督する安倍晋三首相

にも及ぶことにもなり、安倍晋三政権は、間違いなく直ちに崩壊する。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

同じ日本人として恥ずかしい出来事です。この様な気が変な人間が国の行政を

司っていたことは驚くべきことです。これでは良い政治が行われることはありません。

政治家と官僚制度をもう一度立て直す必要が有ります。第二の明治維新です。以上

« 安倍内閣の弾圧で廃刊になった雑誌が放った最終号の暗黒日本暴露の特大スクープ | トップページ | イランでのアメリカの転覆工作はなぜ失敗したのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 安倍内閣の弾圧で廃刊になった雑誌が放った最終号の暗黒日本暴露の特大スクープ | トップページ | イランでのアメリカの転覆工作はなぜ失敗したのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ