カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« バングラデシュ北部を襲ったテニスボールサイズ超の「爆撃のような」雹嵐 | トップページ | グローバル・エリートがベネズエラ、ウクライナ、コンゴを破壊している理由とは。。。 »

2018年4月 4日 (水)

年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(5/5)

年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない

       

東洋経済オンライン / 2017年12月29日 8時0分

   

 

                       
               
               
         
 
               
       
               
                         

シンジさんは自分が病気で倒れたときのことを考えると背筋が凍るというが、なすすべもない。住居は持ち家の扱いなので、基本的に生活保護の受給対象にならないからだ。

■”持ち家”が足かせになる

「首から上は元気なんだけどね」と笑うのは、埼玉県に住むスミコさん(仮名、79歳)。

60代でリウマチにかかり、10年前に頚椎の手術を受けた。歩行が困難で買い物を含めて家事のほとんどは夫(80歳)が行う。

「トイレが近くて夜中に何度も起きるのが嫌で、あまりお水を飲まなかったら去年の夏に熱中症になりかけちゃって。猛暑日が続いても電気代がもったいないから、クーラーをつけなかったのが、よくなかったのかもしれないね」

節約するのにはワケがある。夫との年金は2人合わせて約15万円。持ち家なので家賃はないが”老後”のために生活費を抑えて少しでも貯金に回している。

“最後のセーフティーネット”といわれる生活保護受給の条件は、①現在手持ちのおカネがわずかな状態、②すぐに現金化が可能な資産を持っていないことなどだ。単身世帯に支給される保護費は、東京23区で月13万円程度。所持金が13万円を下回っていれば、受給の対象になる。

また、②の現金化可能な資産については、自宅、車、保険などが対象とされている。例外もあるので詳しい情報は住む自治体の社会福祉事務所に確認をする必要があるが、一般的に持ち家は資産と見なされるので、低年金でも持ち家があると生活保護が受けられないケースが多い。前出のシンジさん一家や、スミコさん夫婦は、生活に困窮していても生活保護の対象外になる。

夫婦に子どもはいない。夫はまだ一度も大病を患ったことはないというが、すでに80代。いつまでもこのままの生活が続くとは思っていない。

「万が一、夫が私よりも先立つようなことがあったら、どうしよう……」

スミコさんの苦悩は尽きない。

(登場人物の年齢、肩書は2017年4月時点)

                    
   

 

                        
  • 前のページ
  •                
  •             
                                                                                              
    • 1
    •                                                                                                  
    • 2
    •                                                                                                  
    • 3
    •                                                                                                  
    • 4
    •                                                                                                  
    • 5
    •                                                                          
           
  •                     
  • 次のページ
  •            

 

 

外部リンク

 
以上は「東洋経済オンライン」より
 

« バングラデシュ北部を襲ったテニスボールサイズ超の「爆撃のような」雹嵐 | トップページ | グローバル・エリートがベネズエラ、ウクライナ、コンゴを破壊している理由とは。。。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« バングラデシュ北部を襲ったテニスボールサイズ超の「爆撃のような」雹嵐 | トップページ | グローバル・エリートがベネズエラ、ウクライナ、コンゴを破壊している理由とは。。。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ