カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« なぜ高校の首席は億万長者になれないのか(8/8) | トップページ | 奇跡のEV »

2018年4月12日 (木)

マラー報告で自己撞着のCBS

マラー報告で自己撞着のCBS

 

2018年2月18日
Paul Craig Roberts

マラーの捜査は、ロシアのソーシャル・メディア活動が、アメリカ選挙に影響したことや、トランプ選挙運動との協力あるいは共謀した証拠は見つけられなかったというローゼンスタイン司法省副長官の発言を正しく報じているにもかかわらず、CBSは更に偽ってこう報じている。“司法省、選挙干渉のかどで、ロシア人を起訴”

CBSは自社ウェブサイトに自己矛盾を併置しているのをどう説明するのだろう? https://www.cbsnews.com/news/russian-indictment-2016-elections-rod-rosenstein-announcement-today-2018-02-16/

CBS売女マスコミは、自分たちの自己撞着に気がつかないほど愚かなのだろうか、それとも、売女マスコミはロシアゲート偽ニュース話を続けると固く決めていて、TV特別報道で、印刷されている説明に声を張り上げているのだろうか?

全くの無能さ、あるいは全くのウソという問題なのだろうか?ロシアゲートが、終始、アメリカ大統領の信頼を傷つけるため作り上げられた捏造だというのを、アメリカ国民が理解するのを、マスコミが妨げようとしているあらゆる兆候が私には見える。

FBIや司法省やトランプ自身の国家安全保障顧問も同じだと私は思う。マラーによる13人のロシア人起訴についてのローゼンスタイン発表はここにある。https://www.youtube.com/watch?v=XoAf_I3ULwE

ロシア人が選挙に干渉したかどで起訴されたと言った後、しかもそれに5分間費やしておいて、5分20秒のところで、ローゼンスタインが、ロシア人が選挙に何らかの影響をおよぼした証拠は皆無だと言っているのに注目願いたい! つまり、アメリカ合州国司法副長官が、彼自身証拠皆無だと言っている起訴を発表しているのが実情!

“一体何が起きているんだ?”と、映画『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』で、大佐が質問する。ローゼンスタイン、マラー、コミー、ブレナン、ヒラリー、民主党全国委員会、売女マスコミ丸ごと他が、アメリカ大統領を無力化し追い落とす共謀に関わっていたのだというのが答えだ。連中は現場を押さえられたのだ。そして今、ウソつきの腐敗したろくでなし連中は、トランプと彼の仲間が関与していたという主要な非難を放棄すると同時に、少数のロシア人が、いかなるアメリカ人からも独自に、何かしようとしていたという主張にしがみついている。ローゼンスタインの6分45秒の発言をご覧になれば、このロシアゲートを同時に断言し否認するのをはっきり見ることができる。

もしトランプに勇気があれば、上記の連中全員、起訴され、有罪判決され、投獄されるはずだ。さもなければ、同じことがまた起きるだろう。あるいは、トランプが暗殺され、売女マスコミが、CIAが仕立て上げた“一匹狼”のせいにすることになるだろう。

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/02/18/cbs-contradicts-muellers-report/
----------

オリンピックの政治利用と、韓国・北朝鮮を非難する連中、金メダル選手に、嬉しそうに電話をかける御仁の利用は垂れ流し。

某掲示板「今年の〇〇大賞受賞者」記事に、新人賞?受賞者二人の名があった。どちら
も書店で良くみかける本の著者。手にとったこともない。とはいえ大賞受賞者リストを見たところ、読んだことがある著者がならんでいるのに驚いた。西部氏も受賞者。

国税庁前デモ、行きたかったが、風邪で寝ていて、目が覚めたら二時だった。

日刊IWJガイド・番組表「麻生太郎副総理兼財務相が国会で16日の国税庁前での抗議活動を『野党主導』と非難!『街宣車持つ市民団体は珍しく 少々普通じゃない』!?/本日21時【籠池夫妻の不当な長期勾留に反対! 許すな!人質司法!シリーズ特集・タイムリー再配信 】『袴田事件のような捜査機関による証拠捏造は珍しいことではない』岩上安身による袴田事件弁護団長・西嶋勝彦弁護士インタビュー/平昌オリンピック・パラリンピックを機に朝鮮半島は融和モード! 米国すらも、前提条件なしで北朝鮮との対話の可能性示す!ヘイトの氾濫する日本はこのままで良いのか!?」2018.2.20日号~No.1986号~

以上は「マスコミに載らない海外記事」より

アメリカの権力機構が今や腐敗しているので、そこと戦うトランプ政権です。以上

« なぜ高校の首席は億万長者になれないのか(8/8) | トップページ | 奇跡のEV »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラー報告で自己撞着のCBS:

« なぜ高校の首席は億万長者になれないのか(8/8) | トップページ | 奇跡のEV »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ