どうやら、多くの権力者たちがアメリカ以外の国々に移住しているようです。ただし、世界中の政府が災害に備えるよう警告を受けているのだとか。。。
色々な災害が考えられますが・・・
惑星Xはどうなったのでしょうか。最近、情報があまり出ていません。ポールシフトもゆっくりと進行中だとか。。。それとも世界戦争の準備?経済崩壊で世界が混乱するための準備?それとも偽旗宇宙戦争?
地球工学の仕業もあり地球上で災害が多くなったのは確かですが。。。

http://beforeitsnews.com/power-elite/2018/02/powerful-people-are-scared-billionaires-run-to-new-zealand-in-mass-what-do-they-know-that-we-dont-2452962.html
(概要)
2月22日付け

リサ・ヘイブンによると:

ロシア、ドイツ、アメリカなど世界中の国々が世界の支配層から災害に備えるよう警告を受けました。
数年前から各国政府やグローバリストは食料、水、武器、その他を大量に備蓄しており、ニュージーランドなどで地下避難施設を購入したり海外に移住したりしています。

政府やグローバリストは何らかの災害に備えており、もし彼らが国民にも災害に備えるように警告しているなら、そのように行動する必要があります。

アメリカでも昨年5月31日にオバマは、ワシントンのFEMA施設にて、国民も自らの責任で災害に備える必要があると言いました。オバマは、国民に対して、待たずにすぐに備えよ、と言ったのです。


CNNも2020年から2030年にかけて世界的食料危機が起こることを想定したシミュレーション・ゲームのサイトを作成しました。このゲームでは、アメリカの国家安全保障業界が10年間続くであろう未曽有の世界的食料危機に備えています。
NSSM 200 (国家安全研究覚書)では世界人口の増加と人類の問題に対する取り組み方を提示しています。また、覚書には、戦争、飢餓、避妊により人口増加を制限することを推進すると記されています。また、覚書は、食料が国力の手段になり得るか、アメリカは人口削減に協力できない国民に食料配給制度を受けいれさせるべきかなどの課題を提示しています

つまり、米政府は何らかの計画を実行するための準備をしており、米国民は蚊帳の外だということです。
現在、アメリカの億万長者らはニュージーランドに移住しています。