田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2018/03/00017653
<転載開始>
2018年3月3日 17:54
            
財務省の中村稔・理財局総務課長。朝日新聞の取材に対しては改ざんを否定していたが、野党議員の厳しい追及に泣きそうな声で「お答えできない」を連発した。気の毒なほど憔悴し切っていた。=2日、衆院第16控室 撮影:筆者=

財務省の中村稔・理財局総務課長。朝日新聞の取材に対しては改ざんを否定していたが、野党議員の厳しい追及に泣きそうな声で「お答えできない」を連発した。気の毒なほど憔悴し切っていた。=2日、衆院第16控室 撮影:筆者=

 「あなた達は犠牲者だね。安倍内閣の犠牲者だ。隠ぺい、改ざん、不正。すべてのことをあなた達は、やらされてるんだ」。

 民進党の増子輝彦幹事長は諭すように、居並ぶ財務官僚たちに話しかけた。

 労働者の命を売り飛ばそうとした厚労省のデータ捏造に続き、今度は財務省の公文書改ざんが明らかになった。

 問題が発覚した2日、6野党(立民、民進、共産、希望、自由、社民)は合同で財務省からヒアリングした。冒頭記した増子幹事長の言葉はその時のものだ。

 深刻なのは、改ざんされた文書が国会に配布されたことだ。財務省は安倍首相と昭恵夫人を守るために、国権の最高機関を欺いたのである。

納税者の怒りは沸点に達しつつある。「誰のために改竄やった?」。血税を搾り採られる庶民が国税庁前に押し寄せた。=3日、霞が関 撮影:筆者=

納税者の怒りは沸点に達しつつある。「誰のために改竄やった?」。血税を搾り採られる庶民が国税庁前に押し寄せた。=3日、霞が関 撮影:筆者=

 ヒアリングの席には前々日まで厚労官僚が座らせられていた。裁量労働制のデータ捏造をめぐって、野党議員から事情を聴かれていたのである。

 矢面に立っていたのは、労働基準局の村山誠総務課長だった。

 村山課長は過労死防止法の制定に尽力し、「過労死を考える家族の会」からの信頼も厚い。金儲けのためなら労働者の命など屁とも思わない産業競争力会議と戦ったサムライである。同会議の議長は安倍晋三。

 安倍首相ほど官僚のモラルを破壊した政治家はいないだろう。

 女性をレイプしたアベ友記者の犯罪を揉み消したのも警察官僚だった。

 安倍政権が倒れなかったら、国家が潰れるだろう。安倍首相とその周辺だけが好き勝手をし放題の無法地帯になるのだから。

   〜終わり~

以上は「大魔邇」より

悪い奴を権力者に置くと世の中がだめになる典型的な例ができました。安倍政権です。歴史に残る悪い政権です。

以上