カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 『この地球に巨人は存在している』🗿(ペルー) | トップページ | 狂気が支配する欧米世界 »

2018年5月 7日 (月)

米国が北朝鮮に大使館設置を検討

米国が北朝鮮に大使館設置を検討

北朝鮮に大使館


4月12日、トランプが記者に対して「北朝鮮との対話は素晴らしいものになるだろう」と発言したが、その具体的な中身とは果たして何か?

東亜日報によると、なんとトランプ政権は北の核開発停止の見返りに、北朝鮮での大使館設置や人道支援の提供を検討中だという(記 事)。

米国が大使館を北朝鮮に設置するということは、同時に朝鮮戦争の終結と平和条約締結により国交が正常化するという意味である。

さらに、米国は北朝鮮の体制維持を認めかつ安全を保障するための措置をいくつか検討しているとも伝えられている。

これまで北朝鮮を攻撃すると言っていた米国がガラリと態度を変え、北の体制を認めるのみならず安全を保障するというのだから驚きだ。

北朝鮮の体制の安全を保障するための措置とは、つまり南北統一そして朝鮮半島からの米軍撤退の議論へとつながるものと思われる。
以上は「文殊菩薩」より

米朝正常化は着々と進んでいます。  以上

« 『この地球に巨人は存在している』🗿(ペルー) | トップページ | 狂気が支配する欧米世界 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国が北朝鮮に大使館設置を検討:

« 『この地球に巨人は存在している』🗿(ペルー) | トップページ | 狂気が支配する欧米世界 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ