デーブ・ホッジズ氏の記事によると、国連、ロシア、中国はワシントンDCを破壊しカリフォルニア州を独立させた後に国連支配の新首都をコロラド州に造るそうです。そのためにロシア軍や国連の外国軍部隊がアメリカに駐留していたようです。
コロラド州と言えばあの怪しいデンバー国際空港があります。その地下にはエリートの地下施設があるそうです。有事や災害が発生すればエリートはみな地下施設に逃げることができます。
第三次世界大戦を通して、NWOは、ロシア、中国、国連主導でアメリカに確立されようとしています。ですからNWOの確立には第三次世界大戦がなんとしても必要ということでしょう。

ということは第三次世界大戦がなければNWOは失敗するということでしょうか?

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2018/04/when-dc-is-nuked-colorado-will-become-the-new-capital-2488874.html
(一部)
4月24日付け

途中から
・・・・NWOにとってコロラド州は特に重要な地域となっています。
何年も前から我々は、ワシントンDCが核攻撃を受け破壊されたならコロラド州に新たな首都が設置されることを知っていました。
CIAやDHS国土安全保障省はデンバー国際空港の地下深くの施設に彼等の活動拠点を移しました。

メディアによる予測プログラミングにより、ハンガーゲームズと呼ばれる映画を通して、パネムと呼ばれる謎の国を舞台にして、アメリカが10の国連地区に分かれ首都はコロラド州に設置するというニクソン構想のような物語が伝えられています。
最近のテレビシリーズ(題名:Designated Survivor)でも、ほんの数人の生存者以外は連邦政府は全て破壊されたという物語になっています。

2011年にデンバーのブロンコスNFLのスタジアムでOperation Mountain Guardianと呼ばれるFEMA及びDHSによる収監訓練が行われました。さらにこの訓練中にDIA国防情報局が閉鎖されると同時にエリートらがジェット機で情報局に行き、その後彼等は地下に潜ったと言われています。デンバーは未来の首都になるだろうと多く人々が推測しています。

コロラド州は国連のアジェンダ21の悪の巣くつになり果て、今や、コック兄弟(アメリカの政治に大きな影響を与えているタイクーン)率いる新たな首都の準備をしています。コロラド州はドラコニアンによる公共料金の値上げが実施されようとしています。なぜならコロラド州に存在する複数のエネルギー供給会社が統合したことで価格競争がなくなったからです。
コロラド州では、アジェンダ21について公然と批判したならば、彼等の子供たちが拉致されることになります。
また、コロラド州では、農場主は自分の農地の50%しか使えないようになっています。コロラド州の水源は勝手に使うことができず農地に水を引くことすらできません。

コロラド州で実施されているアジェンダ21の邪悪な政策はオバマ政権下の政策と全く同じです。
コロラド州の学校教育はリベラル主義に染まっており、イスラム教が美化され、キリスト教的発言は禁止されています。ロッキーマウンテン高校ではイスラム法が適用されています。
コロラド州は堕落してしまいました。そしてコロラド州の人々は何も考えることができなくなっています。彼等はデンバー・ブロンコス・フットボールチームが勝利することしか関心がありません。
しかしこれはまだ悪夢の始まりにすぎません。支配層はリゾナ州で大麻の使用を許可したのではないでしょうか(大麻使用を推進することで脳を麻痺させる。)。

以下省略

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2018/04/people-of-colorado-prepare-to-defend-yourselves-2469815.html
(概要)
4月25日付け

コロラド州の人々は自衛する必要があります。

ワシントンDCが核攻撃され破壊された後にコロラド州に新たな首都が造られます。
しかしその前に、コロラド州はEMP攻撃を受けることになります。なぜなら、国連(外国軍部隊)がアメリカの新首都を乗っ取る前に、コロラド州の人口を大幅に削減する必要があると考えているからです。
カリフォルニア州の独立を促しているのも国連です。その目的はアメリカを第三次世界大戦に大敗させるためです。
アメリカは第三次世界大戦が始まる前から内部から破壊されようとしているのです。このような状況下でアメリカは(例えば)対ロ、対中の第三次世界大戦に勝利できるわけがありません。

多くの情報筋から得た情報によると、コロラド州とワイオミング州には大量の国連(外国軍部隊)が駐留しています。しかも国連は、以下の写真の通り、EMP攻撃を受けても破壊されない通信システムを構築する準備をしているのです。

rawlins 1

rawlins 3           rawlins 2

rawlins 4

rawlins 5

rawlins 8
このようにありえない場所にも国連の(EMP攻撃に耐えられる)アンテナが設置されています。

コロラド州のオーロラでも国連の(EMP攻撃に耐えられる)アンテナが設置されました。同じ種類のアンテナがワイオミング州のローリンズにも設置されました。


ロシアと中国にアメリカの送電網を破壊する方法を教えたのはオバマです。ハッカーはいつでも送電網を破壊することができます。
オバマはロシアと中国に(アメリカの送電網を破壊するための)EMP攻撃の軍事演習をさせたのです。その結果、全米国民(女、子供たちも)に悲惨な結末をもたらすことになります。
詳細はこちらのビデオから。


オバマは、ロシアと中国にアメリカを内部から破壊させるための準備を行わせたのです。

元国連職員によると、国連は今後、コロラド州北部を走る山岳道路を閉鎖する予定です。
また国連がコロラド州やワイオミング州にEMP攻撃に耐えられるアンテナを設置したという事実を国連高官の親戚にあたる人物から聴いています。


コロラド州に多くの外国軍部隊が駐留している目的はアメリカを内部から破壊するためです。

CIAの研究グループに所属するディーグル氏は、アメリカは第三次世界大戦に大敗し、国全体が破壊され、その結果、アメリカの敵国は繁栄するだろうと言っています。


以下省略