カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 権力は腐敗する、支持率26.7%の膿まみれファシスト権力は、暴力に訴える可能性あり! | トップページ | 南シナ海の領有権争いにロシアが乱入(2/3) »

2018年5月29日 (火)

南北朝鮮がカザフスタンで「連邦制統一」を議論

南北朝鮮がカザフスタンで「連邦制統一」を議論

アリラン
「アリラン」の演奏で韓国に迎えられた金正恩


カザフスタンで韓国統一省が主催した朝鮮半島問題に関する国際フォーラムで、北朝鮮が「連邦制統一」を主張した。

18日にカザフスタンの大学で開催された国際フォーラムには、北朝鮮統一教育院のチョン・ギプン所長と北の外交官が出席して発言した。

チョン・ギプン所長は「外部勢力に物乞いするべきではない」と、外国からの援助に頼らず自力更生で経済を発展させる考えを表明した。

また、チョン所長は「相手方の制度と思想をそのまま受け入れる連邦国家を設立する道に進む」ように提案を行った。

連邦制のモデルとしては、当面は中国の提案する「一国二制度」から、東西ドイツで構成されるドイツ連邦に近い形態があり得る。

あるいは、ウェールズやイングランドなどが共通の王を戴くイギリス連合王国などもモデルとして考えられるだろう。

もし、「高麗連邦共和国」が創立されるとすれば、当面の国旗は半島統一旗で、国歌は金正恩を迎えた「アリラン」にでもなるのであろうか。

いずれにしても、カザフスタンという目立たない場所ではあるが、南北統一について議論が始まったことは注目に値する変化であろう。
以上は「文殊菩薩」より

余程のことが無い限り、南北朝鮮は統一されるでしょう。以上

« 権力は腐敗する、支持率26.7%の膿まみれファシスト権力は、暴力に訴える可能性あり! | トップページ | 南シナ海の領有権争いにロシアが乱入(2/3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南北朝鮮がカザフスタンで「連邦制統一」を議論:

« 権力は腐敗する、支持率26.7%の膿まみれファシスト権力は、暴力に訴える可能性あり! | トップページ | 南シナ海の領有権争いにロシアが乱入(2/3) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ