カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国債の投げ売りを行っているのは日本! | トップページ | 地震と火山の噴火においては「21世紀の地球は明らかに20世紀と違う」ことが明らかになってきた今、環太平洋火山帯の今後をどう考えるべきなのか »

2018年5月31日 (木)

世界支配層は、トランプ大統領にペナルティ、米国にベッタリの安倍晋三政権は風前の灯、「大命降下」に叛き「朝敵」の安倍晋三首相は老い先短い

世界支配層は、トランプ大統領にペナルティ、米国にベッタリの

安倍晋三政権は風前の灯、「大命降下」に叛き「朝敵」の

安倍晋三首相は老い先短い

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールデン・ファミリーズ・グループ」は5月18日、

米ボルトン大統領補佐官が、シンガポールでの米朝首脳会談(6月12日)を

控えて、北朝鮮の非核化に「リビア方式」を持ち出して金正恩党委員長を怒らして

混乱を招いたことに対し、「世界支配層の方針に逆らった責任」を問い

、トランプ大統領にペナルティを課すことを決め、最終的には天皇陛下の裁可を

仰いで解決した。ペナルティとは、「MSA資金」から米国を分配する予定の

400兆円を中国に渡すことである。ただし、この件でボルトン大統領補佐官が

辞任を迫られることはないという。しかし、いまの落ちぶれた米国には力がないのに、

エルサレムへの大使館移転を強行した。この結果、予想以上に反発が強く、

米国は世界から完全に孤立してしまっている。その米国にベッタリの

安倍晋三政権は本当に風前の灯だ。いずれにしても「大命降下」に叛き「朝敵」の

安倍晋三首相は老い先短い。これは、天皇陛下のごく近くにいる筋からの

トップ情報である。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

400兆円を中国に手渡すことは手痛いことです。しかしアメリカは中国に巨額の借金があるのでその返済と見れば当然な措置でもあります。              以上

« 米国債の投げ売りを行っているのは日本! | トップページ | 地震と火山の噴火においては「21世紀の地球は明らかに20世紀と違う」ことが明らかになってきた今、環太平洋火山帯の今後をどう考えるべきなのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国債の投げ売りを行っているのは日本! | トップページ | 地震と火山の噴火においては「21世紀の地球は明らかに20世紀と違う」ことが明らかになってきた今、環太平洋火山帯の今後をどう考えるべきなのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ