最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« チリで発見された「長い頭蓋骨と奇妙な骨格を持つ全長15cmのヒューマノイド」は、ゲノムの全解析により7つの遺伝子変異を持つ人間の女の子だと判明 | トップページ | 無頓着なロシア人? »

2018年5月 8日 (火)

1万円券廃止、慎重に考える必要=宮野谷日銀理事

1万円券廃止、慎重に考える必要=宮野谷日銀理事

 

ライブドアニュースより
http://news.livedoor.com/article/detail/14526863/
<転載開始>
2018年4月3日 19時3分      

             

   

1万円券廃止、慎重に考える必要=宮野谷日銀理事                

写真拡大

               

[東京 3日 ロイター] - 日銀の宮野谷篤理事は3日の衆院財務金融委員会で、一部で指摘されている日本での高額紙幣廃止の必要性について、1万円券の現金流通システムにおける重要性などを踏まえて「慎重に考える必要がある」との見解を示した。

杉本和巳委員(維新)への答弁。

杉本委員は、脱税対策や投資促進の観点から、いわゆる「たんす預金」を減少させるための高額紙幣廃止の必要性について質問した。

海外では、欧州中央銀行(ECB)がマネーロンダリング(資金洗浄)対策を狙いに500ユーロ(約6万6000円)券の発行を2018年末で停止することを決めている。

宮野谷理事は、日本の高額紙幣である1万円券は銀行券発行残高の93%、発行枚数の60%を占めており、「日本の現金流通システムにおいて非常に重要な役割を果たしている」と説明。ECBが廃止する500ユーロ券は発行残高の20%程度、枚数の2%程度に過ぎない、という。   

さらに、「諸外国の高額紙幣に比べると、1万円という額面金額はそれほど大きくない」とも述べ、「わが国における高額紙幣廃止の議論については、現時点で慎重に考える必要がある」と語った。




<転載終了>

« チリで発見された「長い頭蓋骨と奇妙な骨格を持つ全長15cmのヒューマノイド」は、ゲノムの全解析により7つの遺伝子変異を持つ人間の女の子だと判明 | トップページ | 無頓着なロシア人? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1万円券廃止、慎重に考える必要=宮野谷日銀理事:

« チリで発見された「長い頭蓋骨と奇妙な骨格を持つ全長15cmのヒューマノイド」は、ゲノムの全解析により7つの遺伝子変異を持つ人間の女の子だと判明 | トップページ | 無頓着なロシア人? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ