カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 健康な一年を生きる。病気にならない一年の過ごし方 | トップページ | トランプ政権は非常識 »

2018年5月25日 (金)

◆ 米日から失われたもの (その3/3) ◆

━━━━━━━━━━
 米日から失われたもの (その3) 
━━━━━━━━━━

「今では、アメリカ人、つまり大都市で暮らす人々は、
人を疑おうとしない人や無力な人や、そうした複数の
人々をだますことなしに、鏡の中の自分を見ることはで
きない。


21
世紀だけでも、アフガニスタン人、イラク人、リビア
人、シリア人、パキスタン人、ソマリア人、セルビア人
や、イスラエルとサウジアラビアを支持して、パレスチ
ナ人やイエメン人に対し、アメリカ人が行っている大虐
殺から判断して、自分たちの善悪の概念を逆撫でせず
に、徹底的に追い込むことが可能な、どうということも
ない、いなくても良い人々として以外、他者のことを考
えるのを、アメリカ人は辞めたのだ。


実際、アメリカ外交官は他国政府に俺の言うとおりに
しないと、お前たちを爆撃して石器時代にするぞ。
と言っている。


キリスト教で二番目に重要な祝典の復活祭が、アップ
ル・コンピューターのカレンダーから消え、一人か二人
の無神論者と、ごく少数のユダヤ人が、クリスマスを、
もはや公的な祝典でなくするのに成功したのも不思議な
ことではない。
現在、クリスマスは、消費の時期におとしめられてい
る。


共通の道徳文化がない国は、もはや国ではない。
それなのに国のふりをしているアメリカは、本当の国で
あるロシアに対する戦争へと導かれつつある。
来たるべき戦争で、アメリカが勝つ可能性は皆無だ」

(引用終わり)


「今では、アメリカ人、つまり大都市で暮らす人々は、
人を疑おうとしない人や無力な人や、そうした複数の
人々をだますことなしに、鏡の中の自分を見ることはで
きない」。
日本も同じである。
永田町の自公政治は、まさにドロボウでできあがってい
る。
ドロボウが政治をやっているのであって、それも高級な
ドロボウではなくて、低級なドロボウである。


だから安倍のオトモダチも官僚も、関係した民間人も、
そしてメディアもすべて総理の犯罪を知っている。
ところが、このドロボウは権力者のドロボウである。
黙って見過ごすと、金や出世の見返りがある。
それでみんな黙っている。


さらには総理のドロボウに協力する。
そしてオトモダチもドロボウをはじめた。
そこから猛烈な国家の腐敗と崩壊がはじまった。


米国は、「アメリカ人が行っている大虐殺から判断し
て、自分たちの善悪の概念を逆撫でせずに、徹底的に追
い込むことが可能な、どうということもない、いなくて
も良い人々として以外、他者のことを考えるのを、アメ
リカ人は辞めたのだ」。
日本の場合、国民の共通認識はそこまでいっていない。
しかし、少なくとも安倍政権は、北朝鮮、韓国、そして
日本の99%のことを考えることをやめている。
それが北朝鮮に向けての、世界で唯一の進軍ラッパだっ
た。


「共通の道徳文化がない国は、もはや国ではない。
それなのに国のふりをしているアメリカは、本当の国で
あるロシアに対する戦争へと導かれつつある。
来たるべき戦争で、アメリカが勝つ可能性は皆無だ」。
国のフリをしている米国。
その国を宗主国と仰ぎ、独立国家のフリをする日本。
民主主義も人権もなければ法治国家でもないくせに、
1
%があたかもそれがあるかのように振る舞って、99
を収奪し続ける日本。


仮装の独立国家は、ついに宗主国の下請け軍隊を引き受
け、戦争までやらかそうとしている。


安倍政権で日本が失ったものは多い。
その最大のものは、日本人の素顔を、権力や権威に極端
に弱く、簡単に戦後の約束事を捨ててしまう信用ならな
い素顔を見てしまったことかもしれない。


日本的なるものへの不信感。
バラバラに孤立した民衆。
因果なことにこれがまたファシズムの好餌なのである。


素顔を見てもなお闘い続けるには、相当に強い気持ちが
要求される時代だ。



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
              岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こう」
http://m-hyodo.com/


E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp


発行人 :兵頭正俊

以上は「兵頭に訊こう」より

« 健康な一年を生きる。病気にならない一年の過ごし方 | トップページ | トランプ政権は非常識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ 米日から失われたもの (その3/3) ◆:

« 健康な一年を生きる。病気にならない一年の過ごし方 | トップページ | トランプ政権は非常識 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ