以下の興味深い記事を目にしましたのでご紹介します。
この内容が真実かどうかはわかりませんが、悪魔崇拝者の支配層なら以下のようなキチ害計画を練るでしょうね。何しろ、彼等はオカルトを信じていますから。。。でも実現しないでしょう、きっと。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2018/05/the-us-government-has-already-planned-on-a-massive-default-concerning-insane-foreign-creditdebt-heres-whats-at-stake-which-they-will-not-give-up-without-a-ww3-fight-selah-2498599.html
(概要)
5月20日付け

米政府は既に大規模な信用破綻を計画しています。

ここで何が問題かというと、米政府は第三次世界大戦を戦わずに諦めることはしないということです。

もうじき、以下の計画が実行された後、一夜にして、国連や米軍部隊が各地に出現するようになります。
ISIS系のテロリストによる偽旗テロ攻撃が実行されます。
また、邪悪なテクノロジーを使い巨大人工災害を発生させ、子羊のような経済奴隷たち(米国民)を全く身動きが取れない状態にさせます。
そして、米国民に(誤って)FEMA(死のキャンプ)に助けを求める以外生きる道はないように思わせ、彼等をFEMAキャンプに収容します。

その後、国連、オバマ、ヒラリー・クリントンの命令下で動いているジョー・バイデンとオプラ・ウィンフレイが獣の刻印或いはキメラ666のDNAを持つ腐敗したプロトコルを実行に移すでしょう。彼等は、悪魔のキメラ抗原性受容体レトロウイルス・ナノテクノロジーで強化された偽万病薬を癌や万病に効く万病薬であると嘘を言って米国民に投与します。しかしこの薬は、宇宙ガンマ線が放射爆発すると米国民をキメラに変質させます。
ノアの洪水の前に、恐ろしい堕天使に触発された動物と人間のハイブリッドのDNA(キメラとハイブリッドの怪獣の遺伝子)を持つ邪悪な生き物が存在していました。これらの生き物は洪水で絶滅しましたが、大量の骨が残りました。これらの骨から生きた古代のキメラDNAが採取されました。このDNAは歴史を通して何度も検査、実験が行われてきましたが、支配者から許可を得た邪悪な中国人研究者らが骨からDNAの抽出にほぼ成功したため、将来的にこのDNAを使ってキメラの666の刻印と遺伝子、心理プログラミングのプロトコルとして利用される恐れがあります。