https://www.facebook.com/events/1847412108613448/
<転載開始>
竹本 泰広さんの写真
6月12日







インド一億人仏教徒のトップに立つ男・佐々井秀嶺 師 来日記念講演会 IN 広島県尾道市浄泉寺

公開
· 主催者: 竹本 泰広

2018年6月12日(火) 14:00 - 21:00
  • 浄泉寺
    〒722-0044 広島県 尾道市西久保町2-2



  • 詳細
    すべての魂へ捧げる!
    インド カースト差別に立ち向かい歩み続ける日本人僧侶の生き方

    「ジャイビーム!!~インド一億人仏教徒のトップに立つ男・佐々井秀嶺 師 来日記念講演会 IN 広島尾道市・浄泉寺」

    開催日時
    2018年6月12日(火)
    開演時間(昼・夜2回公演)
    14時~/19時~(開場は各会30分前より)

    どんな宗教の方も気兼ねなくお越しください。
    ...
    【昼の会】14時~
    ・挨拶&紹介「インド仏教と佐々井秀嶺上人」佐伯隆快(南天会事務局)
    ・佐々井秀嶺 講演会「魂で動け!実践仏教の真髄」
    ・写真撮影・書籍物販&サイン会

    【中入り】17時~
    映像上映会(約1時間 無料)
    「佐々井上人ドキュメンタリー~男一代菩薩道~」

    【夜の会】19時~
    ・佐々井秀嶺上人による「パンチャ・シーラ 三帰五戒文」(インド仏教のお経)
    ・何でも質問会「佐々井上人に聞く、魂が求める人生の道しるべ!」
    ・参加者全員で「ジャイビーム」三唱
    ・写真撮影・書籍物販&サイン会

    場所
    尾道・浄泉寺
    〒722-0044  広島県尾道市西久保町2-2
    (駐車場はお近くのパーキングをご利用下さい)
    電話:0848-37-2525

    参加費
    昼・夜 共に1000円
    (ご予約は必要ありませんが、開場は30分前からですので余裕を持ってお越し下さい)

    お問合わせ連絡先
    070-5661-0186(たけもと)

    佐々井秀嶺プロフィール
    1935年岡山県生まれ。
    9歳で終戦を迎え、幼少期から強い正義感と色情因縁の間で苦しみ3回の自殺未遂を経て、25歳で高尾山薬王院にて出家。
    仏道の傍ら、薬草販売、浪曲師、易者などの職を経験後、29歳で仏教国タイへ留学修行、そのまま帰国せずインドへ渡る。
    33歳の時、インド・ラージキルで大乗仏教の開祖・龍樹(りゅうじゅ)が突如眼前に現れ「南天龍宮城へ行け」と導きのお告げを聞く。「龍宮」の意味を持つインド中央部「ナグプール」へ移り、インド独立後に仏教を再興させた「B.Rアンベードカル博士」ゆかりの地だと知り運命を感じる。
    ナグプールを中心にインド全土で、カースト制の差別に苦しむ「不可触民」と呼ばれる人たちの尊厳を取り戻し解放させるため、仏教への改宗、虐げられた人々の生活向上に繋がる様々な活動を全身全霊で行う。
    53歳で不法滞在により逮捕され、国外追放されそうになるが、インド市民の自主的な行動で1か月の間に60万人の署名が集まり、異例のインド国籍を取得当時のラジーヴ・ガンディー首相よりインド名「アーリア・ナーガルジュナ(龍樹)」を与えられる。
    日本出身ながらインドの政府要職に選出され、世界遺産クラスの仏教遺跡の発掘や、多数の施設建立など行動と信頼を重ねながら人々の生活に寄り添い、インド人からは「バンテージ」の愛称で親しまれている。
    ガンジーに並ぶ偉人アンベードカル博士の仏教復興運動の継承者とも呼ばれ、1億人以上と言われるインド仏教徒の最高指導者として人々を導きながら、83歳となった現在も日夜魂の救済に奔走している。

    ジャイビームとは…
    インド仏教徒の挨拶の言葉。宗教を超えた人間の平等の実現のために興ったインド仏教復興運動の父ビーム・ラーオ・アンベードカル氏を称える意味に由来する。

    主催:南天会 https://www.nantenkai.org/
    南天会は宗派を超え、全世界の生きとし生けるものの心は皆通じる!という合言葉の元、菩薩道をひた走る佐々井上人とインド仏教徒をみんなで応援する会です。会員・も随時募集中です。

    写真撮影:山本宗補


    <転載終了>