カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« カスピ海ゲーム: 接続市場を奪いあう中央アジア‘スタン’ | トップページ | 軍事的な緊張を高めている英首相、その夫は戦争ビジネスに多額の投資をしている会社の重役 »

2018年6月 3日 (日)

金正恩のラブレター

金正恩のラブレター

金正恩とトランプ
意外と似ている米国と北朝鮮の国旗


金英哲副委員長が北朝鮮高官としては18年ぶりにホワイトハウスを訪れて、明日未明トランプ大統領に金正恩の返事の書簡を手渡す。

内容は、金正恩からトランプへのラブレターとも言うべき、これまでの北朝鮮の態度からは考えられない柔軟なものになるだろう。

北朝鮮は完全非核化(CVID)の見返りとして完全体制保障(CVIG)を求めており、なかなか面白い言葉遊びのような取引となりそうだ。

トランプ大統領の中間選挙前に一部の核を米国に輸送する案も出ており、北朝鮮を選挙に利用しようとするトランプの魂胆も見えてきた。

シンガポール会談の晩さん会でトランプと金正恩がハンバーガーを食べて、トランプが選挙公約を果たしたと世界を驚かせる演出もありそうだ。
以上は「文殊菩薩」より

戦争より平和が一番です。              以上

« カスピ海ゲーム: 接続市場を奪いあう中央アジア‘スタン’ | トップページ | 軍事的な緊張を高めている英首相、その夫は戦争ビジネスに多額の投資をしている会社の重役 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金正恩のラブレター:

« カスピ海ゲーム: 接続市場を奪いあう中央アジア‘スタン’ | トップページ | 軍事的な緊張を高めている英首相、その夫は戦争ビジネスに多額の投資をしている会社の重役 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ