カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 抗ガン剤の起源が化学兵器マスタードガスだったことを思っているうちに、私たちが開いた「人類と他の生物の完全絶滅への道」が一瞬で見えたような | トップページ | なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか »

2018年6月 6日 (水)

上海協力機構青島サミットで北中露首脳会議か

上海協力機構青島サミットで北中露首脳会議か

三者協議
プーチン・習近平・金正恩


6月9-10日に中国の青島で開催される上海協力機構首脳会議にプーチンが参加を表明し、習近平との中露首脳会談が予定されている。

もしかすると、米朝首脳会談を前に金正恩もこの首脳会議に参加するかもしれないとの観測が香港メディアなどで取り上げられている。

プーチンが会議に先立って6月8日より中国に入り天津まで高速鉄道で移動する計画があるが、金正恩と会談のためとの噂もあるようだ。

しかし、先日ラブロフ外相が北朝鮮訪問でプーチン大統領と金正恩の首脳会談を提案した際に、金正恩は秋にロシア訪問と伝えられた。

また、トランプ大統領は習近平と金正恩の会談に警戒感を抱いているため、今回の首脳会談は見送られると予想する向きもある。

もし、プーチン・習近平・金正恩の三ヶ国首脳会談が実現すれば、金正恩は中露の支持を得てトランプ相手に強気の交渉ができそうだ。
以上は「文殊菩薩」より

米朝首脳会談がいよいよ実現します。    以上

« 抗ガン剤の起源が化学兵器マスタードガスだったことを思っているうちに、私たちが開いた「人類と他の生物の完全絶滅への道」が一瞬で見えたような | トップページ | なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海協力機構青島サミットで北中露首脳会議か:

« 抗ガン剤の起源が化学兵器マスタードガスだったことを思っているうちに、私たちが開いた「人類と他の生物の完全絶滅への道」が一瞬で見えたような | トップページ | なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ