カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« マレーシア、消費税廃止! マハティール首相92歳 | トップページ | どこまで火山活動は拡大するのか : スウェーデンでは海底火山の噴火、日本では250年ぶりの硫黄山の活動、ハワイではキラウエアのマグマが臨界かとも言われ、バヌアツでは噴火で島が再生不能に »

2018年6月11日 (月)

北朝鮮のレアアースが欲しい米国

北朝鮮のレアアースが欲しい米国

レアアース
北朝鮮の鉱物資源


米国の経済専門誌ブルームバーグが北朝鮮の鉱物資源に関するニュースを掲載し、米国が北のレアアースを狙っていることを示した。

ブルームバーグによれば、北朝鮮に埋蔵されている鉱物資源は豊富で、特に鉄とレアアースの埋蔵量が多く価値が高いとしている。

そのうち、鉄鉱は韓国が開発する予定だが、米国はレアアースを担保として経済開発の資金援助を提供する計画が提案されている。

ロシアもラブロフ外相と金正恩の会談で天然ガスパイプラインと羅津港の利用を巡って、すでに共同開発の約束をした模様である。

また、中国は丹東を自由貿易区とすることで、新義州-丹東-大連の陸海を連係した「一帯一路」のルートを計画しているようだ。

すでに米中露韓は朝鮮戦争終結を見越して北の開発競争を始めているが、日本が経済制裁に固執しているとまた競争に出遅れそうだ。
以上は「文殊菩薩」より

日本の安倍政権を早く交代しないと、日本は国際的孤児となります。他国にとっては安倍政権が交代しない方が都合良いのです。                     以上

« マレーシア、消費税廃止! マハティール首相92歳 | トップページ | どこまで火山活動は拡大するのか : スウェーデンでは海底火山の噴火、日本では250年ぶりの硫黄山の活動、ハワイではキラウエアのマグマが臨界かとも言われ、バヌアツでは噴火で島が再生不能に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のレアアースが欲しい米国:

« マレーシア、消費税廃止! マハティール首相92歳 | トップページ | どこまで火山活動は拡大するのか : スウェーデンでは海底火山の噴火、日本では250年ぶりの硫黄山の活動、ハワイではキラウエアのマグマが臨界かとも言われ、バヌアツでは噴火で島が再生不能に »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ