以下の記事を簡単にお伝えします。
私も夏の夕陽がかなり北に沈んでいるような気がしていましたが。。。
地球が傾いているせいでしょうか。何しろ、北極の位置がシベリア側にずれているということは磁極だけでなく物理的にも地球が傾いているということでしょうか。
多くの人々が知らない間に地球がゆっくりと傾いているのでしょう。ただ、ゆっくりとならまだ良いのですが、突然、逆転するようなことにならないことを願います。

http://beforeitsnews.com/christian-news/2018/06/longest-day-as-seen-from-stone-henge-06212018-massive-earth-changes-2567448.html
(概要)
6月21日付け
地球が大きく傾いています。ここ数年間、地球だけでなく太陽系全体が変化しています。頭が混乱するほどの変化が起きています。以下の画像は、イングランドのストーンヘンジにおける、2018年6月21日夏至の日の出の位置を示しています。ペーガン信仰者がストーンヘンジに集まり夏至を祝っていますが、太陽の位置が大きく移動していることなど気が付いていないようです。
ストーンヘンジから見た日の出の位置が元々の位置(北回帰線=赤道から23.5°北にある)から数千マイルも北へずれているのです(経線はメキシコ中部を通っている)。

ニュース・メディアはストーンヘンジでのお祭りを報道しても日の出の位置が移動したことは報道しません。メディアは通常通りを押し通しています。

 

 

 

以下の映像は2012年の夏至3日後に撮ったものです。

 


今日(年6月21日夏至)の日の出の位置が元々の位置(東)から北へ約45°移動しています。

ここ近年、夏の日の出の位置が北へ移動しており、冬の日の出の位置が南へ移動しているのはなぜでしょうか。さらに両極の氷が太陽の直射日光で溶けています。その結果、世界中の天候パターンを変えています。
ここ数日間、日の出の位置を観察していましたが、太陽は遥かに北の方角から昇ってきています。

地球の周りをまわっている月の軌道も変化しており、地球の地殻に影響を与えています。