カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 大勲位・中曽根康弘元首相は、キッシンジャー博士に電話、米朝首脳会談について「ちゃんとやらなきゃいけないんじゃないのか。やばいよ」と伝えた | トップページ | トルコが米国の連邦銀行へ預けていた金塊を全て引き揚げる動き »

2018年6月 3日 (日)

スクリパリ事件の毒物は米国製

スクリパリ事件の毒物は米国製

スクリパリ
毒物で襲撃されたスクリパリ氏の娘


ロシアが二重スパイのスクリパリ氏に使用されたとする「ノヴィチョク」の特許は、実は米国が保有していると明らかにした。

ロシアの発表によれば、「ノヴィチョク」は旧ソ連からアメリカに亡命した科学者により開発され、製造と特許の申請は米国で行われたという。

しかも、スイスの研究所によればスクリパリ氏に実際に使用された毒物は「ノヴィチョク」ではなく、BZと呼ばれる別の毒物だという。

BZは英国の研究所により製造された毒物で、数日間にわたり身体が動けなくなるものの、「ノヴィチョク」のような致死性はないようだ。

ロシア側は、化学兵器禁止機関(OPCW)がスイスの研究所の意見を無視して「ノヴィチョク」だと断言したことに抗議している。

「ノヴィチョク」は二種類の化学物質を混ぜることで毒性を持つ化学兵器で、その特性はマレーシアでの金正男襲撃事件を思い起こさせる。

筆者は、金正男襲撃事件とスクリパリ襲撃事件の背後には毒物製造と使用に長けた同じ工作機関が関与している可能性を疑っている。
以上は「文殊菩薩」より

イギリスのメイ首相の嘘も酷いものです。真相の解明もせずに一方的にロシアの罪にして、国際政治を動かそうとしています。斜陽化した国の最後のあがきに見えます。以上

« 大勲位・中曽根康弘元首相は、キッシンジャー博士に電話、米朝首脳会談について「ちゃんとやらなきゃいけないんじゃないのか。やばいよ」と伝えた | トップページ | トルコが米国の連邦銀行へ預けていた金塊を全て引き揚げる動き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリパリ事件の毒物は米国製:

« 大勲位・中曽根康弘元首相は、キッシンジャー博士に電話、米朝首脳会談について「ちゃんとやらなきゃいけないんじゃないのか。やばいよ」と伝えた | トップページ | トルコが米国の連邦銀行へ預けていた金塊を全て引き揚げる動き »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ