カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 世界中で多くの人が悪魔に憑依されている。 | トップページ | アルクトゥルス人より地球人へ 1/4 »

2018年7月 6日 (金)

北朝鮮をめぐるニュースは、FIFAワールドカップの陰に霞んでいるけれど、水面下で動いており、「7月15日」を境に大きく動き出す

北朝鮮をめぐるニュースは、FIFAワールドカップの陰に

霞んでいるけれど、水面下で動いており、「7月15日」を境に

大きく動き出す

◆〔特別情報1〕
 東ヨーロッパ初のロシアで開催されている第21回目の2018FIFAワールドカップ

(6月14日~7月15日)最中のいま、北朝鮮にかかわるニュースは、影を潜めている。

これは、ニュースになっても、FIFAワールドカップの陰に霞んでしまうことから、

米、中、ロ、韓、朝が意識的に、表立つ動きを控えているからだ。だが、アヒルの

水かきの如く、水面下では、「7月15日」を境に次の展開に向けて、大きく動き出すという

。ただし、総合情報誌が「『外交の安倍』という虚名」(トランプに次いで、打つ手は

他力本願ばかり。政権はただ拉致問題を政治利用するだけだ)とヤユしているように

安倍晋三首相は、「蚊帳の外」のままで表舞台に出る幕はない。これは、

天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の情勢判断である。

以上は「板垣英憲氏」ブログより

7/16の米露首脳会談が一つの転機となるでしょう。  以上

« 世界中で多くの人が悪魔に憑依されている。 | トップページ | アルクトゥルス人より地球人へ 1/4 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界中で多くの人が悪魔に憑依されている。 | トップページ | アルクトゥルス人より地球人へ 1/4 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ