カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シリア南部とユーフラテス川沿いの油田地帯で米国とイスラエルが政府軍と衝突 | トップページ | 元同志社大学大学院教授 無からお金を作り出す民間銀行の信用創造【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/09/07 »

2018年7月26日 (木)

安倍氏の大先輩・中曽根氏は70年代のロッキード事件におけるモミケシ工作に成功したが、アベトモ・山口某のレイプ事件のモミケシ工作は世界規模で暴かれてしまった

安倍氏の大先輩・中曽根氏は70年代のロッキード事件におけるモミケシ工作に成功したが、アベトモ・山口某のレイプ事件のモミケシ工作は世界規模で暴かれてしまった

 

 

1.日本のマスコミの中で、安倍政権ともっとも対峙する朝日新聞すら、BBCの詩織さん事件報道を無視しているのはなぜか

 

 

 

 ワールドサッカーよりはるかに重要なニュースである詩織さんレイプ・モミケシ事件のBBC報道を、日本のマスコミは完全に無視しています。残る期待は、週刊誌報道のみです。

 

 

 

 ところで、この事件はアベトモ・山口某のレイプ・モミケシ事件ですが、モミケシ事件で思い出されるのが、中曽根・元総理のMOMIKESU事件です(注1)

 

 

 

 このMOMIKESU事件は、2010年、朝日新聞のスクープによって、明るみにでました。

 

 

 

 ちなみに、MOMIKESU事件の米公文書を公開した米国政府は、中曽根氏によるモミケシ依頼のモミケシ(名詞)を間違ってMOMIKESU(動詞)と英語表記していたのです。

 

 

 

 残念なのは、今回の詩織さんレイプ事件のBBC報道に関して、中曽根氏のMOMIKESU事件をスクープした朝日新聞が、なぜか報道していない点です。近々、週刊朝日かアエラが報道するかもしれませんが・・・。いずれにしても、極めて残念です。

 

 

 

2.日本の検察は、昔から、米国戦争屋CIAの言いなりだった

 

 

 

 70年代に起きたロッキード事件では、田中角栄・元総理が、米国戦争屋CIAの日本支部に等しい東京地検特捜部に逮捕されていますが、その田中氏と同じように、ロッキード社から闇献金を受けていたはずの中曽根氏の方は、完全に見逃されています。

 

 

 

 田中氏は、非・親米の政治家だったので、CIAの命令で、東京地検特捜部が捜査・逮捕に動きました。

 

 

 

 一方、中曽根氏の方は、親米の政治家だったので、CIAが中曽根氏から米政府へのモミケシ依頼を認めたのです。そして、東京地検特捜部は、田中氏だけを逮捕し、中曽根氏の容疑は一切、追及しなかったのです、これほど、不公正な事件があるでしょうか。

 

 

 

 このモミケシ事件によって、中曽根氏は、米国戦争屋CIAに借りができて、その後、米国の言いなりの隷米政治家に堕したのです。

 

 

 

3.かつての中曽根氏と同様に、安倍氏も米国戦争屋CIAに首根っこを押さえられているのか

 

 

 

 今の安倍氏は、モリカケ事件のみならず、アベトモ・山口某のレイプ事件のモミケシ発覚で窮地に陥れられています。

 

 

 

 山口某は、東京地検がすでに捜査介入しているスパコン詐欺事件にも関与していますが、その後、山口某が東京地検の取り調べを受けたという報道はありません。

 

 

 

 安倍氏の関与したモリカケ事件も、アベトモ・山口某のレイプ・モミケシ事件も、安倍氏を窮地に追い込んでいますが、安倍氏はいまだに図々しく総理の座に居座っています。
 
 しかしながら、米戦争屋CIAが、東京地検に命じて、モリカケ事件や山口レイプ・モミケシ事件の捜査に着手させれば、安倍氏はすぐに逮捕されなくても、もう総理の座に居座ることは不可能です。
 
 逆に、安倍氏の方は、米戦争屋CIAの日本支部である東京地検に、上記の事件を捜査させないようにするために、米戦争屋CIAの言いなりにならざるを得ないのです。
 
 いずれにしても、安倍氏にとって、極めて深刻なアベトモのレイプ・モミケシ事件がすでに、BBCやニューヨークタイムズによって全世界に知れ渡っていますので、常にビクビクして総理の座にしがみつくしかない状態です。
 
 近々、安倍氏はまたも欧州外遊するようですが、このように異様なまでに、頻繁に外遊したがる安倍氏は、同氏の思惑に反して、おのれの政権私物化の実態が国際的規模で暴かれて、精神状態が不安定になっているはずです(注2)
 
 その意味で、精神衛生上からも、安倍氏は次期総裁選に出馬するのだけは回避すべきでしょう。
注1:本ブログNo.78ロッキード事件中曽根の秘密リーク:東京地検特捜部真っ青2010213
 
注2:本ブログNo.2035モリカケ疑惑が表面化して以来、安倍氏は不必要な外遊を繰り返して、国民からの追及をかわしている:60代での月一の外遊はやがて、安倍氏の心身を蝕む(むしばむ)』201866
 
以上は「新・ベンチャー革命」より
運不運が人生には有ります。安倍氏は監獄か天罰かどちらかが、落ちるでしょう。以上

« シリア南部とユーフラテス川沿いの油田地帯で米国とイスラエルが政府軍と衝突 | トップページ | 元同志社大学大学院教授 無からお金を作り出す民間銀行の信用創造【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/09/07 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シリア南部とユーフラテス川沿いの油田地帯で米国とイスラエルが政府軍と衝突 | トップページ | 元同志社大学大学院教授 無からお金を作り出す民間銀行の信用創造【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/09/07 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ