カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ぴょんぴょんの「食い物にされるロヒンギャ」 | トップページ | リチャード・コシミズ独立党金沢講演会2018年5月26日USTREAM配信録画 1/2 »

2018年7月 8日 (日)

東京地検特捜部による文科省の理系局長の唐突な逮捕劇が勃発:息子の裏口入学容疑は別件逮捕で、本命はスパコン詐欺捜査であって欲しい

東京地検特捜部による文科省の理系局長の唐突な逮捕劇が勃発:息子の裏口入学容疑は別件逮捕で、本命はスパコン詐欺捜査であって欲しい

 

1.日本を乗っ取る米国戦争屋CIAの事実上の日本支部である東京地検特捜部が、現職の文科省局長を唐突に逮捕!:東京医大への息子の裏口入学がらみ

 

 悪名高い東京地検特捜部(日本を乗っ取る米国戦争屋CIAの事実上の日本支部)がまたまた、不可解な逮捕劇を繰り広げました。それは、文科省の佐野局長が、息子の東京医大受験の際、息子を裏口入学させてもらう見返りに、東京医大に便宜を図ったという事件の逮捕劇です(注1)

 

 本ブログ前号にて、東京地検特捜部がいかに、不公正な官憲であるかを指摘したばかりですが(注2)、上記、東京地検特捜部の逮捕劇も、何らかのウラ事情があると勘繰らざるを得ません。

 

 ちなみに、このたび逮捕された佐野氏は、小杉・元文科大臣の娘婿のようです(注3)

 

 上記、佐野氏は、理系出身で、科技庁所属でしたが、天下りならぬ、めったにない天上がりで文科省の次官候補まで出世しています(注3)。この異例人事も、上記、小杉・元文科大臣の口利きかもしれません。

 

 いずれにしても、普通ならば、佐野氏は天上がりした文科省の事務次官にはなれないでしょうが、安倍官邸に抵抗した前川・前文科次官が、次官であった2016年、佐野氏は文科省の官房長を務めています。

 

2.佐野氏逮捕劇は、スパコン詐欺事件と関係あるのか

 

 ところで、日刊スポーツによれば、今回の佐野氏逮捕劇は、例のスパコン詐欺事件と関係ある可能性も指摘されています(注4)。そう言えば、佐野氏は理系官僚であり、スパコン詐欺のペジー社に多額の補助金を出した責任者だった可能性があるのは確かです。

 

 このいかがわしいペジー社の社長・齋藤某は、アベトモ・山口某を顧問にして、山口某は、安倍氏の名前を出して、経産省配下のNEDOを説得して、ペジー社に多額の公金(4.3億円)を拠出させることに成功しています(注5)

 

 そして、上記、齋藤某は、NEDOをだまして、NEDOから公金を拠出させた容疑で、今年1月に東京地検特捜部に逮捕されていますが、同人物は、NEDOにとどまらず、文科省配下の科学技術振興機構(JST)からも、52億円もの公金をせしめています(注6)NEDOに比べるとJSTの方が一桁多いのです。

 

 このような、ペジー社を捜査中の東京地検特捜部の動きを知ると、佐野氏は、JST経由のペジー社への公金融資の意思決定に関与していた可能性は確かに高いと言えます。

 

3.文科省の理系官僚・佐野氏の唐突な逮捕劇の真の狙いは、スパコン詐欺の捜査であって欲しい

 

 東京地検特捜部による、今回の唐突な佐野氏逮捕の容疑が息子の裏口入学というのは、いかにもチンケな容疑です。これはオモテムキの別件逮捕であって、彼らの真の狙い(本命)は、JSTから52億円もの公金がペジー社に流れた真相の究明にある可能性があります。

 

 もしそうなら、東京地検特捜部は、今回に限って、本来の職務、すなわち、われら国民の血税を原資とする公金の不正拠出の捜査を手掛けていることになります、にわかには信じがたいですが・・・。

 

 お堅いJSTが、いかがわしいペジー社という私的ベンチャーに52億円もの公金を融資するのは、ズバリ言って、極めて異様です。この異様な出来事の背後で、詩織さんレイプ犯・山口某(アベトモ)が蠢いていたのは間違いありません。

 

 今回の文科省局長逮捕劇の本命は、スパコン詐欺事件の究明であって欲しいと願います。

 

 ところで、上記、アベトモ・山口某に利用されていた安倍氏は、711日から18日まで、またも無用の外遊を強行する予定のようですが、安倍氏の留守の間に、何かが起こることを是非、期待したいと思います。

 

注1:アエラ“「官邸のリークなのか」疑心暗鬼の文科省 受託収賄容疑で局長逮捕の衝撃201874

 

注2:本ブログNo.2062安倍氏の大先輩・中曽根氏は70年代のロッキード事件におけるモミケシ工作に成功したが、アベトモ・山口某のレイプ事件のモミケシ工作は世界規模で暴かれてしまった』201874

 

注3:東京新聞“「次官候補」がなぜ 佐野容疑者 政界進出うわさも”201875

 

注4:日刊スポーツ“モリカケの線ではなくスパコンの闇か?/政界地獄耳”201875

 

注5:本ブログNo.1868経産省・NEDOをだまして、東京地検特捜部に逮捕されたスパコン・ベンチャー社長は、レイプ不起訴のアベトモ・山口某を顧問として雇っていた?:野党は国会で是非、追及すべき』2017126

以上は「新・ベンチャー革命」より
もっと重大な事件を起訴せず、小さな事件で誤魔化す地検でないことを願うだけです。以上

« ぴょんぴょんの「食い物にされるロヒンギャ」 | トップページ | リチャード・コシミズ独立党金沢講演会2018年5月26日USTREAM配信録画 1/2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぴょんぴょんの「食い物にされるロヒンギャ」 | トップページ | リチャード・コシミズ独立党金沢講演会2018年5月26日USTREAM配信録画 1/2 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ