カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 朝鮮半島の軍事的な緊張を緩和させる方向へ導いた韓国大統領が露大統領と会談 | トップページ | 霊能者による回答:言語の謎、レイライン、ハワイの神、キラウェア火山噴火について »

2018年7月30日 (月)

「もういい加減にしろ、いつまでも欧州の防衛を米国に頼るな」トランプ大統領が、切れたのは、なぜか?

「もういい加減にしろ、いつまでも欧州の防衛を米国に頼るな」

トランプ大統領が、切れたのは、なぜか?

◆〔特別情報1〕
 「もういい加減にしろ、いつまでも欧州の防衛を米国に頼るな」「ドイツはロシアから

天然ガスを買って何十億ドルも支払いながら、我々がロシアから守ってやらなければ

ならないのは、間尺に合わない」トランプ大統領の怒りは、頂点に達していた。ドイツの

メルケル首相、ベルギーのミシェル首相、NATOのストルテンベルグ事務総長、

米国のトランプ大統領、英国のメイ首相は7月11日、ベルギーの首都ブリュッセルに

集まり、北大西洋条約機構(NATO、加盟29カ国)首脳会議に出席した。

NATO首脳会議の結果、加盟国が国内総生産(GDP)比で国防費を2024年までに

2%まで引きあげ、「公平な負担」を分担することを明記した首脳宣言を採択したけれど

、トランプ米大統領は、直後に「加盟国は今すぐ2%の防衛費を払うべきだ」と不満を

表明したまま、16日、フィンランドの首都ヘルシンキでプーチン大統領と米ロ首脳会談を

行なう。キッシンジャー博士とプーチン大統領が2016年2月3日にモスクワで世界恒久

の平和と繁栄を実現するために合意した「新機軸」に基づく国際戦略がいよいよ本格的

に動き出す。安倍晋三首相は、「カジノ法案」「参院議員定員増員法案」の成立に

血道を上げており、新しい「国際秩序づくり」からは、完全に外されている。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

EUもロシアと協力しあって、共生すれば良いことです。敢えて敵同士になる必要はありません。                                        以上

« 朝鮮半島の軍事的な緊張を緩和させる方向へ導いた韓国大統領が露大統領と会談 | トップページ | 霊能者による回答:言語の謎、レイライン、ハワイの神、キラウェア火山噴火について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝鮮半島の軍事的な緊張を緩和させる方向へ導いた韓国大統領が露大統領と会談 | トップページ | 霊能者による回答:言語の謎、レイライン、ハワイの神、キラウェア火山噴火について »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ