世界を支配する巨大悪魔崇拝集団(イルミナティ)の代表的存在がユダヤ・シオニストであり、彼らは世界中でおぞましい犯罪を繰り返しています。その一つが小児性愛犯罪であり性的暴行や殺人のために子供たちや若者を人身売買しています。このような卑劣な犯罪活動が地下施設や個人が所有する島の豪邸で行われていることが明らかになっていますが、今回、アリゾナ州のキャンプ場でも行われていたことが分かりました。
アメリカの子供たちが突然行方不明になる事件が後を絶えないそうです。子供たちは彼らに拉致され小児性愛犯罪者らに売られているケースが多いようです。
このような恐ろしい犯罪がグローバル・エリートの間で日常的に行われています。日本にも残念ながら小児性愛犯罪者はいますが、アメリカのように大規模なネットワークが存在していないことを望むばかりです。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2018/06/major-tucson-sex-trafficking-camp-ties-to-clinton-foundationrothschild-and-the-ex-president-of-mexicos-son-2491595.html
(概要)
6月4日付け

アリゾナ州トゥーソンのキャンプ場(クリントン財団、ロスチャイルド、メキシコ大統領の息子と繋がりのある)で小児性愛・人身売買犯罪活動をが行われていたことが明かになりました。

地球上で最も卑劣な犯罪と言えば、小児性愛と人身売買です。グローバル・エリートは世界各国で行われているこのような犯罪を統轄しています。これはアジェンダ21の副産物なのです。
以下の情報は、アリゾナ州トゥーソンにある小児性愛人身売買キャンプ場について目撃者の証言に基づくものです。。このようなキャンプ場があることが証明されたにもかかわらず主要メディアはこの事実を一切報道しません。
以下は、目撃者が寄せてくれたメールです。

・・・・アリゾナ州のパトロール隊もトゥーソン市警も小児性愛人身売買及び麻薬密売について何も調べようとしません。こちらのビデオ「Backyard Brawl」をご覧ください。このビデオを基に調査をお願いします。

このキャンプ場はVOP(街をパトロールしホームレス、麻薬常習或いは病気の退役軍人を救済している団体)にの関連団体によって発見されました。

VOP関連団体が発見したキャンプでは子供たちが利用され殺害されています。団体はキャンプ場でホームレスをしていた退役軍人を救済している時に偶然、キャンプ内で何が行われていたかを知りました。

以下がその詳細です。

要約すると:

VOP関連団体がキャンプ内で発見したモノ

  1. 金髪の髪の毛が付着していた櫛を発見。
  2. 子供用のおもちゃが入った箱があった。その横には使用済みコンドームが捨てられていた。
  3. お墓を見つけたので掘ってみたが悪臭がひどいため掘るのをやめた。しかし再度お墓を掘って確かめる必要性を感じ、ガスマスクを購入して堀る作業を続けることにした。死体捜査犬の助けが必要。
  4. トゥーソンのKGUNテレビ局はVOPの報告内容を嘲笑している。
  5. トゥーソン市警もFBIも、キャンプ場で子供を相手に犯罪が行われていた証拠が見つかったのにもかかわらず何の捜査もしない。
  6. 問題のキャンプ場はCemex Construction Materials South LLC社が所有している。
  7. トゥーソン市警はVOPに対し、月曜日(6月4日、今日)までにキャンプ場での調査を終えるよう通告した。ここでもランディ農場で起きたような対立(衝突)となるのか。VOPは調査が終わるまでは絶対にキャンプ場を離れないと宣言した。Cemex社は自社が雇っている民間警備員を派遣しVOPを追い出すと威嚇している。VOPはキャンプ場を完全封鎖するためにフェンスの破損個所を修繕する。それまではキャンプ場から出て行かないと宣言した。
  8. ビデオからも分かる通り、キャンプ場内の木々に拘束具がはめ込まれており、骨を切断するノコギリ、プレイボーイ誌、コンドームが木々のそばに置いてあった。このビデオはYoutubeでは公開されていない。Youtubeの検閲でこのビデオがUPされるのを妨害している可能性がある。

中略

以下がキャンプ場の様子を映したビデオです。

From: VOP Alpha Co – Team Pulaski 

June 2 at 1:01pm ·

このキャンプ場で発見された独房、子供たちが使用していた品物、人身売買、性的暴行、殺害が行われていた証拠品、日付付きのレシート、糞尿の入った袋、他が回収されたのち、DHS国土安全保障省に届けられることになっています。その後、キャンプ場は解体されます。
しかしVOPはキャンプ場を所有しているCemex社と小児性愛人身売買について徹底的に捜査するよう要請します。

#DoingItRight

Image may contain: text

このキャンプ場に関する別の情報筋が寄せたメールによってComex社の関与とその歴史が明かになりました。

要約すると:

問題のキャンプ場の土地はComex社が所有しており、この会社はクリントン・グローバル・イニシエチブのパートナーでもある。Comex社はクリントン財団を介してハイチとも繋がりがある。
Comex社はクリントン財団に1億ドルの寄付をしている。この金額は小児性愛犯罪のために支払ったのかもしれない。
Comex社のオーナーの一人は中央銀行のトップのブロンフマン‐ロスチャイルドであり、サラ・ブロンフマンの夫は、クリントンとオバマがガダフィ政権を崩壊させた後にリビアのSAトレード・イニシアチブのオーナーとなった。

Cemex社はコロンビアに新工場(小児性愛人身売買に関与?)を建設することが海外汚職行為防止法を侵害している恐れがあるとして3月14日まで米司法省の捜査を受けていた。

エミラノ・サリナスという人物はメキシコ大統領の息子であり、性的暴行のための人身売買に関与しているハリウッド・カルテルのNXIVMの元メンバーである。
サリナスは、ジョージ・ソロスと繋がりのあるLazard Investments社で働いている。
ジョナサン・ロスチャイルドはトゥーソンの市長。
アリゾナ州ピマ郡の保安官はロスチャイルドのグリーンバーグ・カルテルに支配されている。
以上は「日本や世界や宇宙の動向」より
アメリカを先頭に欧米は、乱れに乱れています。アメリカでは子供の行方不明が年間80万人に上っています。人類は狂っているのです。日本の安倍政権も例外なく狂っています。                          以上