カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 山田正彦元農水大臣、グローバル企業による日本の植民地支配について警鐘を鳴らす!〜売国議員、売国官僚が出世する仕組みが出来上がっている日本! | トップページ | ムチャクチャな大平洋:史上初めて「5日間、毎日連続で台風が発生」し、そして今現在、大平洋上には5つの熱帯低気圧が同時に存在する »

2018年8月24日 (金)

米中貿易戦争はどちらが勝利するか

米中貿易戦争はどちらが勝利するか

米中貿易戦
米中貿易戦争


膨大な貿易赤字を解決するため中国からの輸入に対して高関税をかける米国と、制裁で応じる中国の貿易戦争はどちらが勝利するのか。

人民元が下落していることや中国株が暴落していることなどからすると、市場は米国が貿易戦争に勝利すると見ているようだ。

しかしロイター通信は、長期的に見て最終的には中国が貿易戦争に勝利するだろうとの記事を掲載している。

その理由として、中国は米国からの輸入品に依存せずとも、自国で代替品を製造する能力とそれを支える巨大市場があるからだ。

例えば、中国ではグーグルやツイッターなどが使えないが、その代替物となる百度と微信は今や巨大IT企業に育っている。

中国の経済成長率は鈍化したとはいえ、依然として米国より高い数字であり予測ではGDPで2030年には中国がアメリカを追い越す。

米国はかつての日本をつぶしたように、自らの覇権に挑戦するものを徹底的に叩くが、中国への覇権の交替を止めることは不可能だ。

以上は「文殊菩薩」より

貿易はお互いにウインウインでやるべきです。  以上

« 山田正彦元農水大臣、グローバル企業による日本の植民地支配について警鐘を鳴らす!〜売国議員、売国官僚が出世する仕組みが出来上がっている日本! | トップページ | ムチャクチャな大平洋:史上初めて「5日間、毎日連続で台風が発生」し、そして今現在、大平洋上には5つの熱帯低気圧が同時に存在する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米中貿易戦争はどちらが勝利するか:

« 山田正彦元農水大臣、グローバル企業による日本の植民地支配について警鐘を鳴らす!〜売国議員、売国官僚が出世する仕組みが出来上がっている日本! | トップページ | ムチャクチャな大平洋:史上初めて「5日間、毎日連続で台風が発生」し、そして今現在、大平洋上には5つの熱帯低気圧が同時に存在する »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ