カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« トランプは、ローゼンスタインを即刻首にするべし | トップページ | さらばWTO。わが代表堂々退場す »

2018年8月23日 (木)

石破氏とディベート勝負のできない安倍氏は民主主義国のトップとして失格:安倍氏の三選はないと断言した小泉・元首相の予言は当たるか

石破氏とディベート勝負のできない安倍氏は民主主義国のトップとして失格:安倍氏の三選はないと断言した小泉・元首相の予言は当たるか

 

1.次期自民総裁選への出馬を決めた石破氏は、安倍氏に公開討論を要求した

 

 この9月に行われる自民総裁選に、安倍氏の対抗馬として、石破氏が出馬すると先日、宣言していますが、安倍氏の方は、まだ三選出馬宣言していません。

 

 最近、石破氏は、三選出馬をちらつかせている安倍氏に公開討論を要求しています(注1)。まさに、山口県下関の壇ノ浦に近い巌流島での宮本武蔵と佐々木小次郎の一騎打ちを連想させます。

 

 ちなみに、山口県下関市は、安倍氏の事務所があるところです。

 

 ところで、米大統領選では、必ず、全国民の前で候補者のテレビ討論が行われますが、民主主義社会では、候補者の公開討論はもう常識となっています。そして、民主主義国家の国民が自分たちのリーダーを選ぶとき、候補者の公開討論は、国民の判断に大きな影響を与えます。

 

 このような背景を踏まえて、事実上の日本国総理を選ぶことになる次期自民総裁選にて、石破氏が安倍氏に公開討論を要求するのは当然です。

 

2.国民人気のない安倍氏は、肝心の自民党員からの支持もわずか9.4%しかない?

 

 今の日本は、形式的には民主主義国家ですが、日本のトップである安倍氏は、およそ民主主義とは縁遠く、時代錯誤の封建社会的人物です。この現状は、われら日本国民にとって、ほんとうに不幸な現実です。

 

 多くの国民は、安倍氏が民主主義の何たるかをわかっていない人物であることをすでに見破っていますから、一部の安倍信者ネトウヨを除いて、当然ながら、国民人気がありません。

 

 それを証拠付けるかのように、一説によれば、自民党員の安倍総裁支持率は9.4%だそうです(注2)

 

 自民党員は、必ずしもネトウヨ的な安倍信者ではありませんが、政治意識は一般国民より高いはずですから、安倍人気がないのは当然です。

 

 安倍氏自身も、自民党員の反応をある程度、知っているでしょう。安倍氏が石破氏のように、スンナリと出馬宣言できないのは、自民総裁選の投票権を持つ自民党員からの安倍人気がないことをウスウスわかっているからでしょう。

 

3.安倍氏の最大の弱点はディベートができない点:民主主義国の政治家としては失格

 

 民主主義社会では、政治家は、国民の前で、競争するライバルと議論を戦わせ、国民に軍配を上げさせた政治家が勝つのが常識となっています、いわゆるディベートです。

 

 上記、ディベートに勝つためには、政治家は相当、訓練を積み、論理的思考力に長けていないと絶対に勝てません。

 

 ところが、周知のように、安倍氏は、世襲制や封建制が残る現代日本において、単に、生まれがよいというだけで、トップにのぼりつめた政治家であり、論理的思考は大の苦手と思われます。

 

 その証拠に、安倍氏は、いつも、官邸スタッフが作成した文章を読み上げているだけです。このことから、安倍氏は欧米的なディベートができない政治家と言ってよいでしょう。その証拠に、国会での改憲論議のとき、自分の主張がまともにできず、国民に向かって読売新聞を読めと言ったほどです(注3)

 

 欧米の民主主義国では、ディベートのできない政治家がトップに立つことはないのです。ところが、日本では、そのような人物がトップに立っているということです。

 

4.安倍氏の三選はないと言い放った小泉・元首相は、安倍氏に三選出馬を諦めるよう説得したかもしれない

 

 まだ三選出馬宣言を行っていない安倍氏は、この816日、小泉・元首相らとゴルフをやっています(注4)

 

 その小泉氏は、今年4月、モリカケ疑惑で国民からの信頼を失った安倍氏の三選はないと断言しています(注5)

 

 この事実から、小泉氏は内々に、安倍氏に三選出馬を見送るよう説得している可能性があります。

 

 小泉氏の言っていることは正論であり、是非、安倍氏の三選出馬断念が現実のものになって欲しいと願います、日本国民のために・・・。

 

注1:阿修羅“総裁選 石破氏が安倍首相に公開討論求める2018817

 

注2:ユーチューブ“自民党員の安倍総裁支持 9.4%”2018326

 

注3:ヤフーニュース“安倍首相、憲法改正の考え問われ「読売新聞をぜひ熟読して」と答弁、野党から批判”201858

 

注4:時事通信“森、小泉氏らとゴルフ=安倍首相”20188

 

注5:日経新聞“小泉元首相、安倍首相の総裁3選「難しい」”2018414

以上は「新・ベンチャー革命」より
安倍政権は不正選挙により樹立された憲法違反の内閣です。司法が健全なら当然政権は変わっているはずです。国家反逆罪で国民裁判を実施すべきです。  以上

« トランプは、ローゼンスタインを即刻首にするべし | トップページ | さらばWTO。わが代表堂々退場す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプは、ローゼンスタインを即刻首にするべし | トップページ | さらばWTO。わが代表堂々退場す »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ