カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ★米国の破綻は不可避 | トップページ | ベネズエラの惨状 続編 »

2018年8月26日 (日)

米国は、ロシア、中国に対抗して2020年までに超高度なハイテク集団による「宇宙軍」を創設するが、巨額費用の投入が欠かせないという難問がある。

米国は、ロシア、中国に対抗して2020年までに超高度なハイテク集団

による「宇宙軍」を創設するが、巨額費用の投入が欠かせないという

難問がある。

◆〔特別情報1〕
「米国のペンス副大統領は8月9日に国防総省で行った演説で、2020年までに

『宇宙軍』の創設を求めると発表した」とCNNが報じた。米国には、陸海空軍

宇宙空間を中心として作戦展開する軍隊。新たな軍の創設は1940年代に発足

した空軍以来となる。この背景には、宇宙空間を中心として作戦展開する軍隊。

米国は第2次世界大戦後、「世界の警察官」と言われて10年サイクルで大戦争を

勃発させてきたけれど、巨額戦費が負担になったうえに「厭戦気分」に覆われて、

いまや、かつてのような大戦争ができる国ではなくなっている。それでなくても

世界中、戦争ができる時代ではなくなっている。しかも、米国にはいまや徴兵制がない。

しかし、ロシア、中国が宇宙開発を進めており、これに対抗できる超高度な

ハイテク集団による「宇宙軍」の創設が必要になった。ただし、巨額費用の投入が

欠かせないという難問がある。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、いまの

米軍の兵力維持などの問題点を次のように指摘している。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

宇宙軍拡競争が始まる気配です。                     以上

« ★米国の破綻は不可避 | トップページ | ベネズエラの惨状 続編 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ★米国の破綻は不可避 | トップページ | ベネズエラの惨状 続編 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ