カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカが行ってきた人体実験 | トップページ | アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも… »

2018年8月28日 (火)

安倍晋三首相は、いま世界新潮流となっている「新機軸」からは、完全に外されているので、国民有権者に「憲法改正」を問うどころではない

安倍晋三首相は、いま世界新潮流となっている「新機軸」からは、

完全に外されているので、国民有権者に「憲法改正」を問うどころではない

◆〔特別情報1〕
 「時代遅れな」安倍晋三首相は、自民党派閥「清和会」とともに、米キッシンジャー派

CIAによって、潰される運命にある。デイヒッド・ロックフェラー派CIAの手先である

「ジャパン・ハンドラーズ」(日本操縦者=マフィア)が落ちぶれてしまったからだ。

にもかかわらず、相変らず、「憲法第9条改正」に固執し続けている。そればかりではない。

日本国が国連憲章の敵国条項により、依然として「敵国」であり、この状態のまま

「憲法第9条改正」すれば、日本は国連憲章に違反した国になってしまうのである。

従って、自民党の憲法改正草案(2012年4月27日決定)に規定の「国防軍」

、安倍晋三首相が提唱している「自衛隊明記」も、簡単には認められない。そもそも

安倍晋三首相は、いま世界新潮流となっている「新機軸」からは、完全に外されて

いるので、国民有権者に「憲法改正」を問うどころではない。天皇陛下のごく近くに

いる吉備太秦は、「内閣支持率3%」という「風前の灯」の状況にある安倍晋三首相が、

「終戦記念日(8月15日)を前にしてあまりにも「ノー天気」なので呆れ果てている。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

安倍氏はKYな人間で自覚が全くありません。逮捕されて自白させられない限り犯罪を認めることはないでしょう。                           以上

« アメリカが行ってきた人体実験 | トップページ | アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカが行ってきた人体実験 | トップページ | アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ