軽井沢にはビル・ゲイツが所有する悪魔崇拝の別荘がありますから、ビル・ゲイツは日本で何を企んでいるのか。。。気になるところです。
ビル・ゲイツと言えば、マイクロソフトよりも、ワクチン開発と人口削減計画で有名です。日本に滞在中に危険なウイルスをまき散らすのではないでしょうねえ。
以下は1年半以上も前の記事ですが。。。ビル・ゲイツや他のグローバリストは数十億ドルもの開発資金を寄付して様々な新種のワクチンを開発させているそうです。
ワクチンは生物兵器に使うことができますから、多くの殺人ワクチンを開発し、同時に感染性の高いウイルスをまき散らし世界中に伝染病を流行させ、世界中の人々にワクチンを強制接種すれば、人々はこれまで以上に弱くなっていきます。
政府は、ワクチンの中に何が含まれているのかをしっかりと検査した上で安全性が確認できたなら国民に接種を促すというやり方をせずに、グローバリストが押し売りするワクチンを税金を使って大量に輸入し、何の検査もせずに国民に接種を呼び掛けます。ワクチンの被害が出ても政治家は誰も責任を取りません。
これがワクチンの実態です。

https://www.naturalnews.com/2017-01-05-bill-gates-quietly-funding-effort-to-develop-thousands-of-new-vaccines-that-conveniently-might-become-pandemics.html
(概要)
2017年1月5日付け

Image: Bill Gates quietly funding effort to develop thousands of new vaccines that conveniently ‘might’ become pandemics   
(Natural News)
ビル・ゲイツとメリンダ・ゲイツは、ゲイツ財団を介して、多くに人々に害を及ぼす新種のワクチンを開発するための資金として数十億ドルを寄付しました。
現在、約百万種類のウイルスが存在することが分かっていますが我々はウイルスについて何も理解していないのが現状です。
ゲイツ財団などのグローバリスト集団は、世界人口を削減することができる新種のワクチンの開発に巨額の資金を投入しています。

ビル・ゲイツの過去の発言により、彼が人口削減のためのワクチンの開発に関与していることは確かです。

The Weekの記事の通り、人類誕生以来、ウイルスは人類にとって大きな脅威となっています。何世紀にもわたり進化し続けたウイルスは最終的には人類を殺害する生物兵器となるでしょう。
今では、新種のウイルスが大被害をもたらし始めており、医学界は、ウイルスに効くワクチンを考案するというキャッチアップ・ゲームを行っています。
カリフォルニア大学の科学者(Jonna Mazet氏)は、The Weekのインタビューで、「ワクチン以外の方法を考えなければならない。Global Virome Project(ウイルスの感染のリスクを低減するための世界的共同戦略)の活動を通して、世界に存在するワクチンの全てを特定し分類する必要がある。」と述べました。

ゲイツは世界人口を削減したいと述べました。

現在、世界的な保健機関や科学者らは新種のウイルスが発見されると同時にウイルスに対抗できるワクチンの開発を加速させているようです。

WHOも、クリミアコンゴ出血熱を含む最も危険な感染病の治療法や対策手段を開発するためにR&D Blueprintと呼ばれるプロジェクトに着手しました。

このプロジェクトに関わっている世界経済フォーラム、ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト(英)は、共同でCoalition for Epidemic Preparedness Innovationsと呼ばれる組織を結成しました。
彼らの(表面上の)ゴールは、伝染病に必要とされる新種のワクチンの開発(ワクチン・メーカーにとっては利益にはならない開発)を促すために開発資金を提供するというものです。
7年前に着手したPREDICTと呼ばれるパイロット・プロジェクトによって、これまでに約1000種類のウイルスが発見されています。

しかし、彼らの本当のゴールは、できる限り多くの人々の命を救うのではなく、2010年にビル・ゲイツが語った通り、新種のワクチンの開発と気象変動や温暖化詐欺によって世界人口を削減することです。
ゲイツは、「現在の世界人口は68億人だが、今後、90億人まで増加するだろう。しかし新種のワクチンの開発、ヘルスケア、生殖医療サービスに取り組むことで世界人口を10%から15%削減することができるだろう。」と言ったことがTruthWiki サイトに記載されていました。
TruthWiki サイトは、ゲイツが様々な方法で人々にワクチンを接種させると同時に、地球上の生命維持に必要な二酸化炭素を削減してしまうことで、世界人口を削減できると考えていると記していました。

ワクチンに起因する伝染病を流行させることで世界人口を削減します。

ワクチンには水銀などの有害な重金属が含まれていることが、CWCの実験室で行われた実験によっても証明されています。さらに多くのワクチンにはアルミニウムやホルムアルデヒドも含まれており、ワクチン接種により人々は気が付かずにゆっくりと死んでいくことになります。

さらにワクチンは生殖能力を低下させる或いは無くすため、世界中で少子化が進みます。

実際にヨーロッパの工業国では既に少子化が進んでいます。
ワクチンは流産や堕胎にも使われています。このようなワクチンの使い道はエスタブリッシュメント側の科学者らに好まれています。

さらに、人々にワクチンを接種させることで(ワクチンが原因の)伝染病を流行させ、何億人、何十億人もの人々を殺害することができるようになるでしょう。
最も効果的な方法として、非常に危険なインフルエンザ・ウイルスを開発し流行させた後で、世界中の人々にインフルエンザ・ワクチンを強制接種させることで人口削減が容易になります。
ビル・ゲイツのゴールは温暖化詐欺とワクチンを使った世界人口の削減です。