カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ダイバーシティの本当の意味 | トップページ | 情報を操作しきれない米支配層は言論封殺へ切り替えてきた »

2018年9月27日 (木)

日本の経常赤字の原因は天然ガス・原油ではない

日本の経常赤字の原因は天然ガス・原油ではない

財務省が発表しました今年上半期の国際収支速報(5075億円の赤字)を読みますと、マスコミで報道される内容とは違う姿が読み取れます。

貿易収支 6兆1124億円の赤字

<解説>
自動車や科学光学機器を中心に輸出が増加したものの、液化天然ガスや原粗油を中心にした輸入が増加が上回ったことから、貿易収支は赤字幅を拡大した。

では、具体的にはどうなったのでしょうか?

輸出 35兆507億円(+1兆990億円:+3.2%)

主要地は対中国(+4,965億円)、体EU(+4,168億円)が増加となっており、中国・EUだけで9,133億円の増加となっており、ほぼ90%を占めます。

ところが、品目発表では、自動車(+2,228億円)、科学光学機器(+864億円)、プラスティック(+809億円)が主要品目となっており、これら3つを足しましても、3,901億円しかなく、35%しか占めていません。

他の65%はどうなったのでしょうか?

次に、輸入を見てみたいと思います。

輸入  42兆6501億円(+3兆8858億円:+10.0%)

主要地は、対中国(+1兆1382億円)、対アセアン(+5,388億円)となっており、これらを併せますと、1兆6770億円となり、43%しか占めていません。

品目別では、液化天然ガス(+4,054億円:数量は2%増)、原粗油(+3,553億円;数量は-3.4%)、半導体等電子部品(+3,223億円、+29.4%)となっており、これらを併せますと27%しか占めていません。

他の73%はどこに行ってしまったのでしょうか?

輸出増加の65%、輸入増加の73%が「解説されていない」解説など意味があるでしょうか?

また、原粗油を見ますと数量ベースでは3.4%の減少となっており、日本は輸入を減らしているのが分かります。
天然ガスも数量増加率は2.0%しかなく、ほぼ横ばいになっているのが分かります。

10%、3兆8858億円も輸入が増えていますが、<液化天然ガスと原粗油>を併せましても、増加額はわずか7607億円しかなく、増加占有率は19.5%しかないのです。

日本の貿易構造が激変していることをあえて隠そうとしている今回の発表は、何の意図があるのでしょうか?






以上は「NEVADAのブログ」より
安倍政権のやることです。政権に都合悪い事はすべて隠蔽する体質です。  以上

« ダイバーシティの本当の意味 | トップページ | 情報を操作しきれない米支配層は言論封殺へ切り替えてきた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の経常赤字の原因は天然ガス・原油ではない:

« ダイバーシティの本当の意味 | トップページ | 情報を操作しきれない米支配層は言論封殺へ切り替えてきた »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ