カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

2018年9月16日 (日)

いまや安倍晋三首相は「違憲の存在」か?―改憲発議権を内閣が奪い取り、「投票の秘密」原則も破り、マスメディアも従属させる、とんでもない独裁者だ。

いまや安倍晋三首相は「違憲の存在」か?―改憲発議権を内閣が

奪い取り、「投票の秘密」原則も破り、マスメディアも従属させる、

とんでもない独裁者だ。

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の「現憲法無視」の言動が続いている。1つは、自衛隊高級幹部

会同(9月3日午前)で、持論である「憲法9条への自衛隊明記」発言したこと。これは

「憲法改正発議」がいかにも内閣の権限行使に聞える「憲法尊重擁護の義務」違反=

違憲発言である。明らかに「第96条」に反する。2つには、マスメディア(新聞・テレビ)

へ候補者を公平に扱うように指示したこと。これは、「第21条」(表現の自由)に反する。

3つには、総裁選挙で安倍晋三首相に投票する旨の「誓約書」を書いて提出させた

ことである。これは、「第15条」(投票の秘密)に反する。自分の気に入らない条項を

平気で勝手に無視したり、違反したりすることは、由々しきことである。こんな人物を

いつまでも首相の座に居座らせておくことはもはやできない。

以上は「板垣英憲氏」ブログより

このような安倍の三選を支持する連中は皆同罪です。自民党は分裂することになるでしょう。

良心的な自民党員は離党するべきです。国民はよく見ています。   以上

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ