カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

2018年9月16日 (日)

金正恩がトランプへ四通目のラブレター

金正恩がトランプへ四通目のラブレター

金正恩とトランプ
金正恩に丸裸にされるトランプ


9月9日の北朝鮮建国70周年軍事パレードでは、ICBMが姿を見せずトランプに配慮したものと報道された。

トランプは自身のツイッターで再び金正恩に感謝し、「気の合う二人の会談以上のものはない」とコメントした。

おそらく、トランプはまもなく金正恩が板門店を通じて送った今年で四度目となるラブレターを受け取るはずだ。

ラブレターなので内容は以前と同じく、「あなたに会いたくて会いたくてたまらない」と書いてあるに決まっている。

そうなると、いつ二度目の米朝首脳会談となるかだが、九月末の国連総会出席は見送りとなったので、二人の再開は年末になりそうだ。

タイミングとしては、トランプの中間選挙を後押しするために10月末になるか、あるいはトランプの選挙勝利を祝して11月末かであろう。

これまで幾多の美女を口説いてきたトランプも、金正恩のラブレター攻撃にはメロメロで、もはや丸裸状態にパンツ一丁である。

いずれにしても、2018年以内に米中朝韓で朝鮮戦争の終戦宣言をするため、最後の調整と駆け引きが行われている最中だ。

以上は「文殊菩薩」より

トランプも中間選挙を有利に運ぶために、ずいぶん我慢しているようです。北朝鮮にとってはこれがチャンスです。以上

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金正恩がトランプへ四通目のラブレター:

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ