カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

2018年9月16日 (日)

安倍晋三首相が招く「人類滅亡の危機」、MSA資金の分配(シェア)を妨害している「汚物処理」を急ぎ、日本の体制を変えなければ、MSA資金は動かない

安倍晋三首相が招く「人類滅亡の危機」、MSA資金の分配(シェア)を

妨害している「汚物処理」を急ぎ、日本の体制を変えなければ、

MSA資金は動かない

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、危機感を募らせている。「表の世界には出て

いないけれども、何かが起きている。自民党内で、安倍晋三首相でも石破茂前地方

創生相でもダメだという話になっており、無投票でダークホースが選ばれる。その

ダークホースがだれかは、まだわからないけれど、安倍晋三首相が9月14日に

ロシア・ウラジオストクから帰って来て、20日までの間に何が起こるか」と。

「新機軸チーム」(キッシンジャー博士、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席)

と金正恩党委員長が仕掛けた罠にすっかり嵌められた安倍晋三首相。とくに

プーチン大統領が「年末までに前提条件なしで、日ロ平和条約締結を」(

底意=第2次世界大戦で勝ち取った北方領土はロシアのもの、永久に返還しない)と

提案されて、うっかり乗ってしまうと最大の支持母体・極右集団「日本会議」から命を

狙われかねない状況に陥る。吉備太秦は、国際政治の裏舞台で起きていることを

以下のように説明している。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

いずれにせよ安倍政権は今や四面楚歌の状況です。どちらに転んでも先行き真っ暗です。以上

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国の犠牲に。ホルムズ海峡封鎖で第2の経済敗戦を迎える日本(3/3) | トップページ | 縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ