カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 北朝鮮拉致問題と総選挙で石破が勝利【NET TV ニュース】内外タイムス 2018/08/30 | トップページ | 陰の政府はアレックス・ジョーンズを破滅させようとしている-そうさせてはならない »

2018年9月 6日 (木)

韓国を自殺行為に走らせる歴史のトラウマ(3/6)

韓国を自殺行為に走らせる歴史のトラウマ

どうしてこのような、自らの軍を自らが統率できないという状況になっているのでしょうか。

その原点は、1950年に始まった朝鮮戦争にあります。同年6月25日午前4時、約10万の北朝鮮軍は突如、北緯38度線を越えて韓国側に侵攻してきました。北朝鮮軍の奇襲攻撃に対し、恐れをなした韓国軍は、クモの子を散らすように逃げ出します。北朝鮮軍は破竹の勢いで進撃し、開戦からわずか3日でソウル市内に突入しました。

大統領官邸はパニック状態となり、当時の韓国大統領の李承晩(イ・スンマン)は、ソウル市民を置き去りにして自分だけさっさと逃げました。李承晩は北朝鮮軍の南下を食い止めるため、漢江大橋を爆破するよう指示し、取り残された市民を無残にも見殺しにしたのです。李承晩大統領は韓国中部の都市、大田(テジョン)に逃げ、そこまで北朝鮮軍が迫ると南部の大邱(テグ)に逃げます。さらに、大邱にも北朝鮮軍が迫ると、釜山(プサン)にまで逃げました

韓国軍は指揮系統を失い、北朝鮮の進撃にまともに抗戦することもできず、アッという間に壊滅しました。李承晩はアメリカに頼るしかなく、アメリカに早く軍を派遣するよう、矢のように催促しました。

ようやく、開戦から1週間たった7月2日以降、アメリカは本格的に部隊を送り込みます。あと数日、アメリカ軍の到着が遅れていれば、李承晩の命はなかったでしょう。

前へ 1  2  3  4  5  6 次へ
以上は「president online」より

« 北朝鮮拉致問題と総選挙で石破が勝利【NET TV ニュース】内外タイムス 2018/08/30 | トップページ | 陰の政府はアレックス・ジョーンズを破滅させようとしている-そうさせてはならない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国を自殺行為に走らせる歴史のトラウマ(3/6):

« 北朝鮮拉致問題と総選挙で石破が勝利【NET TV ニュース】内外タイムス 2018/08/30 | トップページ | 陰の政府はアレックス・ジョーンズを破滅させようとしている-そうさせてはならない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ