カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 高齢男性 社会的に孤立 「会話が2週間で1回以下 」15% | トップページ | 移民はいないことになっている世界4位の移民大国日本 »

2018年9月23日 (日)

長春不正ワクチン事件は習近平の政敵潰しか

長春不正ワクチン事件は習近平の政敵潰しか

不正ワクチン事件
習近平が不正ワクチン事件の捜査に乗り出す


長春の製薬会社が製造した子供用のワクチンが、期限切れであったり管理がずさんだったとする不正ワクチン問題が大事件として報道されている。

製薬会社の社長や管理責任者たちが逮捕されたばかりでなく、習近平が捜査の指揮を執り副省庁や市長まで罷免してしまったからだ。

ちょうど問題のワクチンが出荷された時期には、我が子も接種を受けているので心配ではあるが、この事件には何か別の裏がありそうだ。

というのも、製薬会社のワクチン管理が不適当だとの内部告発だけならば、習近平が自ら捜査に乗り出すほどの大事にはならないからだ。

どうやら、製薬会社長春長生の女社長が、共産党の大物で習近平の政敵だった張徳江の庇護下にあったことが問題の根本にあるようだ。

習近平は事件の背後にある大物政治家の資金源や人脈にメスを入れて勢力を削ぐため、この事件を利用しているように思われる。
以上は「文殊菩薩」より

どこの国も権力闘争が起きています。  以上

« 高齢男性 社会的に孤立 「会話が2週間で1回以下 」15% | トップページ | 移民はいないことになっている世界4位の移民大国日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長春不正ワクチン事件は習近平の政敵潰しか:

« 高齢男性 社会的に孤立 「会話が2週間で1回以下 」15% | トップページ | 移民はいないことになっている世界4位の移民大国日本 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ