カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シリア政府軍がイドリブ攻略を準備、米軍はダーイッシュを口実に居座る姿勢 | トップページ | ★中国にも戦争請負企業:傭兵500万人、60カ国に展開! »

2018年9月22日 (土)

大恐慌の予感がする!

大恐慌の予感がする!<本澤二郎の「日本の風景」(3066)

<ドル一強で通貨不安、安倍やめろの合唱が!>
 「1929年の大恐慌前夜そっくり」との指摘が、各方面から噴き出して久しい。米国の金利高で、世界の金がアメリカに吸い寄せられている。ドル一強による通貨不安に世界は、震え上がっている。「日本は大丈夫か」「安倍ポチでいいのか」「安倍を引きずりおろさないと、日本は本当に大変な事態に追い込まれる」などの合唱が列島から巻き起こっている。トランプの大暴走によって、中国やEUなど世界経済は、ちゃぶ台をひっくり返したように激震が走る。確かに「通貨不安でも金が下がる」という異様な事態に、専門家も真っ青なのだ。

<ドル大暴落も想定?>
 先進国・中進国・途上国から、世界通貨がアメリカに吸収されている。米国の金利高の影響である。
 ドル一強体制であるが、問題はその先に何が起きるのか。

 「いくら金(紙幣)があっても投資する先がない。紙っぺらのドル紙幣の大暴落も想定できる」といって、専門家も眉をひそめている。まさに1929年前後の世界である。
<死の商人暗躍で戦争の不安も>
 一発の銃声に聞き耳を立てる雰囲気が、世界を覆い始めている。歴史が繰り返すのか。プロはおびえて口を閉じている。

 世界恐慌の教訓は生かされるのか。素人は、ここが理解できない。専門家も、である。
 通貨不安は、トルコやアルゼンチンなど中進国で起きている。他の国も多かれ少なかれ、これに比例している。それでいて、本来上がるはずのゴールド・金が上がらない。逆に下がっているのである。このことに専門家はおびえているのだ。
 地底のマグマが噴火しようとしているのであろうか。一連のトランプの暴走の狙いなのか。
<異常な日米大軍拡予算>
 それを予測するかのようにトランプのアメリカは、軍事予算を大幅に拡大して、各国を驚愕させている。
 日本円にして79兆円という。ざっと80兆円というと、日本の国家予算に相当する。トランプの「アメリカ第一」は戦争を想定している、と勘繰られかねない。実際、そうだとすると、どうなるのか。トランプの背後では、死の商人が暗躍しているのか。

 大量の新型武器購入と生産と、不要になった旧式武器の売却先が日本なのか。既にトランプのポチは、ワシントンの言いなりになって、ワシントンの言い値で、大量の武器を購入、新規の契約をしている、これまた戦後最大の軍拡予算を編成している安倍・自公内閣である。日米の大軍拡予算編成に、密約が存在するのか、単なる偶然の一致なのか。

 「日米連合で戦争を始めようというのか」との憶測をまき散らすことになろうか。深刻なことに、日本銀行の破たんも表面化している。
<それでもアメリカのポチは言いなり>
 日米産軍体制の共闘が具体化しているのだろうか。
 憶測は憶測を呼ぶことになる。なにしろ、安倍の背後は日本会議である。戦争神社の靖国が控えているのが、かなり気になって仕方ない。

 中国とアメリカの貿易戦争によって、アメリカの農民が悲鳴を上げている。大豆やトウモロコシの販売先を失ってしまったのだ。
 「大量の大豆とトウモロコシを日本に押し付けようとしている。これらは健康によくない遺伝子組み換え穀物の典型である。安倍ポチは反対しないだろう。そうだとすると、日本人の健康も怪しくなる」との懸念する声も聞こえてきている。

 種子法廃止で危険がいっぱいの米生産も、安倍・自公内閣で始動、健康食品派に衝撃を与えている。
<安倍を引きずりおろせ!>
 もう日本国民は、安心して生きられそうもない。どうすべきか。
 「安倍を辞めさせるしかない」と事情通は叫んでいる。彼は安倍の資質・能力を知悉している人物である。「これ以上、ポチに任せていると、日本は破局に向かう」と福田康夫と同じように指摘している。「大恐慌になる前に安倍を辞めさせるしかない」というのだ。正論であろう。
2018年8月16日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家)


以上は「ジャーナリスト同盟」より
アベノミクスの大失敗でいずれ日本経済は崩壊するでしょう。余程の奇跡が起きない限りそのようになるでしょう。                           以上

« シリア政府軍がイドリブ攻略を準備、米軍はダーイッシュを口実に居座る姿勢 | トップページ | ★中国にも戦争請負企業:傭兵500万人、60カ国に展開! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大恐慌の予感がする!:

« シリア政府軍がイドリブ攻略を準備、米軍はダーイッシュを口実に居座る姿勢 | トップページ | ★中国にも戦争請負企業:傭兵500万人、60カ国に展開! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ