カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す | トップページ | 鉄道業界が混雑緩和策で苦悩する理由、東京の人口増は予想以上 »

2018年10月11日 (木)

安倍氏を含む日本の隠れ核武装派は、日本での地震偽装の地下核実験を米国戦争勢力に認めてもらうことを最優先している、その証拠に、安倍氏が北海道の地震被災者につけた予算はわずか5億円ポッチ:みんな怒れ!

安倍氏を含む日本の隠れ核武装派は、日本での地震偽装の地下核実験を米国戦争勢力に認めてもらうことを最優先している、その証拠に、安倍氏が北海道の地震被災者につけた予算はわずか5億円ポッチ:みんな怒れ!

 

1.今回の北海道地震は環太平洋で頻発しているM6以上の自然地震とは全く異なる奇妙な地震だった

 

 本ブログでは今、201896日未明に起こされた北海道地震(胆振東部地震)について取り上げていますが、ネットには、この地震がいかに奇妙かという証拠をズバリ、示しているサイトが存在します(注1)

 

 このサイトの著者は、前々から、環太平洋諸国の地震に関心があって、2018815日から96日までに環太平洋で発生したM6以上の地震を集計していました。それによれば、M6以上の地震すべてが環太平洋のプレート境界線上で発生しているようです。

 

 ところが、今回の北海道地震は、それらとはまったく異なる内陸地震でした。

 

 日本の地震の専門家は、今回の地震は未知の断層から発生したと推測していますが、まったく、説得力はありません。こんな、国民だましのまやかし論が通用するなら、地震の研究に巨額の血税を投入する意味がありません。

 

2.今回の北海道地震以外にも、奇妙な地震が近年、日本で頻発している

 

 本ブログですでに指摘していますが、今回の北海道地震は、2016年に起きた熊本地震とよく似ています(注2)

 

 今回の北海道地震の場合も、震源近傍に自衛隊駐屯地がありますが、熊本地震も同様でした(注3)

 

 もう一つ言えば、2016年、熊本地震に次いで、鳥取県の人形峠でも、鳥取中部地震が起きています。

 

 こちらの地震については、人工地震だったと断言してもよいような奇妙な地震でした(注4)

 

 これらのことから、日本には隠れ核武装派が存在し、秘かに地震偽装の地下核実験を繰り返していると考えられます。

 

3.日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンは、日本で密かに地下核実験が行われていることを知っているはず

 

 本ブログの見方では、3.11地震津波および東電福島原発被災は、米戦争屋CIAネオコンによる偽旗テロ・ステルス攻撃と観ていますが(注1、注5)、彼らは、日本が勝手に、隠れ核武装することを絶対に許しません。

 

 したがって、3.11事件以降に起きた地震で、地下核実験の疑いのある地震はすべて、米戦争屋CIAネオコンは、その真相を知っており、彼らの了解の下で実験が行われているはずとみなすべきです。

 

 それでは、日本の隠れ核武装を絶対に許さない米戦争屋CIAネオコンはなぜ、日本での地下核実験を認めているのでしょうか。

 

 唯一、考えられるのは、安倍氏を含む日本の隠れ核武装派は、日本で強行する地下核実験のデータをすべて、米戦争屋CIAネオコンに提供しているからではないでしょうか。

 

 要するに、これまで、米戦争屋CIAネオコンは、彼らの敵役傀儡国・北朝鮮に核実験をやらせてきたのですが、米国トランプ政権は北朝鮮を中国に渡す可能性があるので、北の地下核実験データが中国に盗まれる危険も出てきたのです。そのため、日韓朝を乗っ取る米戦争屋CIAネオコンは、今後、日本を地震偽装の地下核実験場にするつもりなのではないでしょうか。

 

 われら日本国民は、日本国民の生命・財産より、米戦争屋CIAネオコンへの忠誠と隷属を優先する安倍自民の正体を見抜くべきです。

 

 安倍自民がいかに国民軽視か、その証拠に、安倍氏は、今回の北海道地震の災害対策にわずか5億円しか予算をつけませんでした(注6)。この一件からわかるように、安倍自民は、日本国民より、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの要求を最優先する売国政党であることがよくわかります。

 

 みんな、国民軽視の安倍自民に騙されていることにそろそろ気付くべきです。

 

注1:In Deep北海道地震 : 環太平洋火山帯の大地震の連続の中で、ほぼ初めてプレート上「ではない場所」で発生した「おそらく史上初めての場所」での特異な地震を見て”201896

 

注2:本ブログNo.2118今回の北海道地震も、2016年の熊本地震も、強烈な起振外力による地下爆発的地震と疑われるが、人工地震ではないなら、政府は国民に納得できる説明をすべき』2018910

 

注3:阿修羅“熊本地震、3カ所の震源地と陸上自衛隊駐屯地の奇妙な一致!”2016430

 

注4:本ブログNo.151620161021日に起きた鳥取県中部地震の震源は人形峠の旧動燃ウラン濃縮施設の直下であり、その地震波形は自然地震のものではない!』20161024

 

注5:本ブログNo.2119今回の北海道地震における厚真町の山体崩壊は、北朝鮮が昨年、強行した地下核実験で発生した山疲労症候群(Tired Mountain Syndrome)とよく似ている:専門家は是非、検証して欲しい』2018911

 

注6:阿修羅“ふざけているのか? 安倍晋三!”2018911

以上は「阿修羅」より
安倍政権の隠れ核実験はほぼ確定の事実です。これにより多くの日本国民が犠牲になっています。野党の議員は何故これを追求しないのか不思議です。  以上

« 南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す | トップページ | 鉄道業界が混雑緩和策で苦悩する理由、東京の人口増は予想以上 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す | トップページ | 鉄道業界が混雑緩和策で苦悩する理由、東京の人口増は予想以上 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ