カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 国内のファシズム化と国外での侵略戦争の引き金になった9/11(その3/3) | トップページ | ◆ 移民と日本破壊 (その2/3) ◆ »

2018年10月25日 (木)

ロシア 2014年マレー航空17便を撃墜したミサイルのデーターを公表

ロシア 2014年マレー航空17便を撃墜したミサイルのデーターを公表

ロシア 2014年マレー航空17便を撃墜したミサイルのデーターを公表

©                     Sputnik /
災害・事故・事件
短縮 URL
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故                 (74)            

ロシア国防省は2014年、ウクライナ上空でマレー航空17便を撃墜したミサイルの極秘情報を公表。

スプートニク日本

マレー航空17便 墜落場所
©                     REUTERS / Maxim Zmeyev/Files
ロシア軍ミサイル大砲課のニコライ・パルシン主任は記者団に対し、ウクライナ上空でマレー航空17便ボーイング777機を撃墜したミサイルは、ドルゴプルーデンスコエ社で1986年に製造されたものだったことを明らかにした。

パルシン主任は「ミサイルの製造番号は8720。この製造番号はメーカー側がつけたものだ」と語っている。

パルシン主任は、ミサイルは1986年に製造された後、ウクライナ共和国の軍部隊に輸送されたことを明らかにした。

同ミサイルの輸送先であったウクライナの部隊について、パルシン主任は第223高射砲ミサイル旅団と明言。1986年当時、第223高射砲ミサイル旅団は、パリカルパツキー軍管区の構成に所属しており、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国テルノポリスカヤ州に配置されていた。

パルシン主任は「現在、同旅団はリヴィウ州ストゥルィ市に配置されており、その軍備には依然と変らずミサイルシステム『ブーク』が入っている。注目すべきことに第223旅団は、2014年から始まり、ウクライナによってドネツクおよびルガンスク州における、いわゆ反テロ作戦に幾度も参加させられている」と語った。

ロシア国防省のコナチェンコフ公式報道官は、ウクライナ南東におけるマレー航空17便ボーイング777機の撃墜にロシアのミサイルシステム「ブーク」が関与した証拠として国際調査団に使用されているビデオは、ねつ造されたものだったことを明らかにした。

2014年7月17日、アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア機は、ウクライナのドネツク州で墜落し、乗員乗客298人が全員死亡した

以上は「sputnik」より

やはりそうだったかと思います。撃墜された航空機は以前行方不明となっているマレーシア機です。                                以上

« 国内のファシズム化と国外での侵略戦争の引き金になった9/11(その3/3) | トップページ | ◆ 移民と日本破壊 (その2/3) ◆ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国内のファシズム化と国外での侵略戦争の引き金になった9/11(その3/3) | トップページ | ◆ 移民と日本破壊 (その2/3) ◆ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ